2008年07月19日

27.An Afternoon at the Stone House(石の家の午後)

"He has blue eyes and curly hair. He steals in and wakens me with a kiss every morning. Then all day he plays here in the garden. . . and I play with him. Such games as we have. We run races and talk with the echoes; and I tell him stories. And when twilight comes. . ."  「その子は青い目をして、髪はくるくる、 ちぢれているの。毎朝そっと入ってきて、私にキッスして起こすのよ。それから一日じゅうこの庭で遊んでいるの・・・わたしといっしょに、 いろいろな遊びをしてね。かけっこをしたり、こだまと話をしたり、それからわたしが物語を聞かせてやるの。そうしてたそがれどきになると・・ ・」

"I know," interrupted Paul eagerly. "He comes and sits beside you. . . so. . .because of course at twelve he'd be too big to climb into your lap . . .and lays his head on your shoulder. . .so. . .and you put your arms about him and hold him tight, tight, and rest your cheek on his head. . . yes, that's the very way. Oh, you do know, Miss Lavendar."  「ぼく、知ってるよ」ポールはせきこんで、さえぎった。「その子はおばさんのそばにきて・・・こんなふうにすわるんだよ・・・ もちろん十二にもなったら大きすぎて、おばさんのお膝にのれないものね・・・そしておばさんの肩に・・・こんなふうに、頭をのせて・・・ おばさんはその子をかたあく、かたあく抱いて、頬っぺたをその子の頭にのせるの・・・そう、そのとおりなの。ああ、知ってるのね、おばさん」

Anne found the two of them there when she came out of the stone house, and something in Miss Lavendar's face made her hate to disturb them.  石の家から出てきたアンは、ポールといるミス・ラベンダーの顔を見たとき、なぜか、 そばへ寄って邪魔をするのが悪いように感じた。

   steal in  こっそり入りこむ

   run races  かけっこをする、競争する

   eagerly  adv.  熱心に、しきりに、切に

   hate (to) vt.  (〜することを)嫌う、(〜が) いやである

       Ex. I have to disturb you. お邪魔して誠に恐縮です。


お好きなメニューが50%〜10%割引!≪美容室予約検索サイト・かみまど≫

あなたに最適な水をズバリ、30秒オンライン判定

posted by チョコとコーヒー at 22:26| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする