2008年07月20日

28.The Prince Comes Back to the Enchanted Palace(魔法の城へ王子きたる)

It passed an hour. Then, just as Anne laid down the last shining spoon, they heard the front door shut. Both sought comfort fearfully in each other's eyes.  一時間すぎた。アンが最後のスプーンをみがきあげて、下においたとき、 玄関のドアが閉まる音がした。二人は、はっと目を見合わせた。

"Oh, Miss Shirley, ma'am," gasped Charlotta, "if he's going away this early there's nothing into it and never will be." They flew to the window. Mr. Irving had no intention of going away. He and Miss Lavendar were strolling slowly down the middle path to the stone bench.  「ああ、こんなに早く帰っちまいなさるのなら、 だめだったんですね」二人は窓のとこへとんでいった。アービング氏は帰るどころか、ミス・ラベンダーとゆっくり、 庭の真ん中の小石のベンチのほうへ歩いていた。

"Oh, Miss Shirley, ma'am, he's got his arm around her waist," whispered Charlotta the Fourth delightedly. "He must have proposed to her or she'd never allow it." 「あれあれ、お嬢様。あの方、 奥様の腰に腕をまわしていなさるのですよ」シャーロッタ四世はうれしそうに、ささやいた。「これじゃあ、申し込みをしなすったにちがいない」

Anne caught Charlotta the Fourth by her own plump waist and danced her around the kitchen until they were both out of breath.  アンはシャーロッタ四世の肥った腰をかかえ、二人とも息が切れるまで、台所じゅう、 おどりまわった。

"Oh, Charlotta," she cried gaily, "I'm neither a prophetess nor the daughter of a prophetess but I'm going to make a prediction. There'll be a wedding in this old stone house before the maple leaves are red. Do you want that translated into prose, Charlotta?"  「おお、シャーロッタ。あたしは予言者ではなし、予言者の娘でもないけれど、いま、 ここで予言をするからよくきいていらっしゃいよ。楓の葉が紅くなる前に、この古い医師の家出結婚式がおこなわれるであろう。平ったく、 言い直しましょうか、シャーロッタ?」

"No, I can understand that," said Charlotta. "A wedding ain't poetry.   「これはわかりますよ。結婚式は結婚式ですもの。」

   seek comfort  慰安を求める

   gaily adv.  陽気に、愉快に Ex. sing gaily  陽気に歌う

   prophetess n.  女預言者(予言者)

   prose n. 散文、散文体 

   poetry n. 詩、韻文 

       ※proseとpoetryは反対語です。

   

posted by チョコとコーヒー at 18:07| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする