2008年07月22日

30.A Wedding at the Stone House(石の家の結婚式)

"What are you thinking of, Anne?" asked Gilbert, coming down the walk. He had left his horse and buggy out at the road.  「なにを考えているの、アン?」 ギルバートは街道に馬車をおいて、小径からきた。

"Of Miss Lavendar and Mr. Irving," answered Anne dreamily. "Isn't it beautiful to think how everything has turned out. . .how they have come together again after all the years of separation and misunderstanding?"  アンは夢見るように答えた。「ミス・ ラベンダーとアービングさんの事を考えていたの。こんなになにもかも、いい具合にいったし・・・ながい年月、行き違いから、 はなれ離れになっていたのが、結局、またいっしょになれたのね。こんな美しいことがあるかしら?」

"Yes, it's beautiful," said Gilbert, looking steadily down into Anne's uplifted face, "but wouldn't it have been more beautiful still, Anne, if there had been no separation or misunderstanding. . . if they had come hand in hand all the way through life, with no memories behind them but those which belonged to each other?"  と、 見上げたアンの顔を、ギルバートは、しっかり見下ろしながら、「そう、本当に美しいことだよ。けれどね、アン、もしぜんぜん、 はなればなれにならず、行き違いなどもなかったら・・・もし二人が手に手を携え、共に味わった思い出だけをあとに残しながら、 生涯を送ったとしたらそのほうがいっそう、美しくはなかったろうか?」

For a moment Anne's heart fluttered queerly and for the first time her eyes faltered under Gilbert's gaze and a rosy flush stained the paleness of her face. It was as if a veil that had hung before her inner consciousness had been lifted, giving to her view a revelation of unsuspected feelings and realities.  一瞬、アンの胸は妙に高鳴り、じっと見つめるギルバートの視線に耐えられないものを初めて感じ、 目を伏せてしまった。青白い頬がぱっと染まった。ちょうど、心のおくにかかっていた薄絹の覆いがはずされ、 思いがけない感情と現実を目にした気持ちだった。

       walk  n.  小道、道、歩道

      uplift  vt.  揚げる、持ち上げる

       still  それでも(やはり), なお

       falter   vi.  ためらう、たじろぐ,ひるむ
   
       stain  ft. 〈…色に〉着色する
          Ex. The wood was stained yellow. その木は黄色に着色された

   revelation  n.  明らかにすること,暴露, すっぱ抜き; 漏らすこと,発覚



お好きなメニューが50%〜10%割引!≪美容室予約検索サイト・かみまど≫ 



posted by チョコとコーヒー at 22:16| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする