2008年07月24日

1.The Shadow of Change

"You are very quiet, Anne," said Gilbert at last.  「ずいぶん、おとなしいね、アン」とうとうギルバートが口を切った。

"I'm afraid to speak or move for fear all this wonderful beauty will vanish just like a broken silence," breathed Anne.  「あたし、 沈黙を破ったら、この素晴らしい美しさが消えてなくなりはしないかと思って、ものを言う事も、身動きをすることも出来ないのよ」と、 アンは囁いた。

Gilbert suddenly laid his hand over the slender white one lying on the rail of the bridge. His hazel eyes deepened into darkness, his still boyish lips opened to say something of the dream and hope that thrilled his soul. But Anne snatched her hand away and turned quickly. The spell of the dusk was broken for her.  ギルバートは不意に、橋の欄干におかれたほっそりした白い手に自分の手をかけた。 淡褐色の目が深い黒味を帯び、いまだに少年の面影をとどめた唇をひらいて、彼の魂をうずかせる夢と希望のひとはしを述べようとした。しかし、 アンは自分の手をひったくり取って、素早く体の向きを変えた。アンにとって薄暮の魔力は敗れたのだった。

"I must go home," she exclaimed, with a rather overdone carelessness. "Marilla had a headache this afternoon, and I'm sure the twins will be in some dreadful mischief by this time. I really shouldn't have stayed away so long. 「あたし、家へ帰らなくちゃ」と、アンはやや度外れなほど気軽そうに叫んだ。「今日の午後、 マリラは頭痛がしていたし、今頃は双子たちがなにか恐ろしいいたずらをしでかしているに違いないわ。ほんとうにあたし、 こんなにながく家を明けているはずじゃなかったの」

" She chattered ceaselessly and inconsequently until they reached the Green Gables lane. Poor Gilbert hardly had a chance to get a word in edgewise. Anne felt rather relieved when they parted. There had been a new, secret self-consciousness in her heart with regard to Gilbert, ever since that fleeting moment of revelation in the garden of Echo Lodge. Something alien had intruded into the old, perfect, school-day comradeship -- something that threatened to mar it. "I never felt glad to see Gilbert go before," she thought, half-resentfully, half-sorrowfully, as she walked alone up the lane. "Our friendship will be spoiled if he goes on with this nonsense. It mustn't be spoiled -- I won't let it. Oh, WHY can't boys be just sensible!" アンはグリン・ゲイブルスの小径につくまでひっきりなしに辻褄の合わないことをしゃべりつづけ、 哀れなギルバートは一口も言葉を挟む隙がなかった。二人が別れた時、アンはむしろほっとした。山彦荘の庭でのあの瞬間的な意思表示以来、 アンは胸の中にギルバートに対して、今までにない、ひそかな気詰まりを覚えていた。以前の完全な、学校時代の親友気分に、 なにか異なったものが--その気分をそこねようとするなにものかが侵入してきた。「ギルバートが言ってしまうのを見て、 うれしいと思った事なんか、今までにかつて一度もなかったのに」と、アンはひとり小径を歩きながら腹立たしさと悲しさを半々に味わった。 「ギルバートがこんな馬鹿な真似をつづけるなら、あたしたちの友情はめちゃめちゃになってしまうわ。 めちゃめちゃになどしてはならないーーさせるものか。ああ、男の子と言うものはどうして穏当にしていられないのかしら!」

       breathe  vt,  〈…を〉ささやく; 〈言葉を〉漏らす,口外する
        deepen   vi.  深まる,濃くなる
        dusk   n.  (たそがれの)薄暗がり,夕やみ
        overdo  vt.  〈感情などを〉大げさに示す[言う].
        carelessness   n.  ぞんざい,気に掛けないこと、 意に介さない事
        inconsequently   adv.   的はずれに
        not get a word in edgewise   言葉をさしはさむ間もない, 口出しもできない
    selfconsciousness  n.   自意識、 はにかみ、意識しすぎる事
        fleeting moment    つかの間の時間
    alien  adj.    異なる; 反対の, 相容れない 
        intrude  vt.  押し入れる  Ex. May I intrude my views into the discussion?
                                               討論に私の意見をはさみ込んでよいですか.
        mar  vt.  ひどく傷つける,そこなう,台なしにする
                     Ex. Nothing marred the unanimity of the proceedings.
                          議事は何の滞りもなく満場一致になった.



あなたに最適な水をズバリ、30秒オンライン判定


タグ:アンの愛情
posted by チョコとコーヒー at 22:31| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする