2008年08月13日

19.An Interlude(幕あい)

"To think that this is my twentieth birthday, and that I've left my teens behind me forever," said Anne, who was curled up on the hearth-rug with Rusty in her lap, to Aunt Jamesina who was reading in her pet chair. They were alone in the living room. Stella and Priscilla had gone to a committee meeting and Phil was upstairs adorning herself for a party. 「考えてもごらんなさい、今日があたしのはたちのお誕生日で、 十代を永久に過去のものとしてしまったんですものね」と、ラスティを膝に、炉の前の敷物に丸くなって座ったアンが、 お気に入りの椅子で本を読んでいるジェムシーナ伯母さんに向かって言った。居間には二人だけだった。 ステラとプリシラは委員会に行っていたし、フィルはパーティへ出席するために二階で身支度をしていた。

"I suppose you feel kind of, sorry" said Aunt Jamesina. "The teens are such a nice part of life. I'm glad I've never gone out of them myself."  「悲しいような気持がしなさるでしょう。 十代は一生の中でまったく素晴らしい時代ですからね。わたしはいつになっても十代を越さないのを喜んでいますよ」

Anne laughed."You never will, Aunty. You'll be eighteen when you should be a hundred.  アンは笑った。 「伯母さんはいつまでも越さないでしょうよ。百になっても十八でいらっしゃるわ。」

   curl (+up)  vi.  丸くなって寝る、 ちぢこまる

           Ex. I like to curl up with a book.  わたしは寝転んで丸くなって本を読むのが好きだ。

   hearth  n.  炉床、炉辺

   pet  adj.  得意の、おはこの、お気に入りの

   adorn  vt.  飾る Ex. She adorned herself with several strings of pearls.

                                   彼女はいく連もの真珠で身を飾り立てた。





posted by チョコとコーヒー at 12:22| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする