2008年09月05日

39.A Book of Revelation(黙示録)

There is a book of Revelation in every one's life, as there is in the Bible. Anne read hers that bitter night, as she kept her agonized vigil through the hours of storm and darkness. She loved Gilbert -- had always loved him! She knew that now. She knew that she could no more cast him out of her life without agony than she could have cut off her right hand and cast it from her. And the knowledge had come too late -- too late even for the bitter solace of being with him at the last. 聖書に黙示録の書があるように、だれの生涯にも黙示録がある。アンは嵐と暗黒の中で身も世もなく、 寝もやらずすごしたその苦悩の夜、彼女の黙示録を読んだ。アンはギルバートを愛していたー今までずっと愛してきたのだ!それが今、 わかった。アンはおのが右手を切り取りそれを投げ捨てることができないと同様、 おのが生涯から苦痛をおぼえずにギルバートを捨てきれない事を知った。だが、 この悟りはあまりに遅すぎたーギルバートの臨終に共にいることによって、つらいながらも慰めを得るという事さえ間に合わなかった。

       Revelation  v.  天啓,啓示,黙示、 黙示録
        agonized  adj.  苦悶の
                             Ex. agonized shrieks 苦悶の悲鳴
        vigil   n.  寝ずの番,徹夜,夜通しの看病
                     Ex. keep vigil over [beside] a sick child 徹夜で病児の看病をする
        cast  vt. 投げ捨てる
        solace  n.  慰め,慰安
                        Ex.  find [take] solace in… …を慰めとする


ソニーの“branco(ブランコ)”

JTB スタッフけんさくん☆プロ1500人に聞けるお勧め旅行のクチコミサイト!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。