2008年10月02日

3.Marilla Cuthbert is Suprised-3

今日は、以前書いた以下のブログの続きで、マリラがアンになぜ、いきちがいが起こったか尋ねる場面からです。

http://englishwithanne.seesaa.net/article/93038983.html

"Very well, then, Anne spelled with an E, can you tell us how this mistake came to be made? We sent word to Mrs. Spencer to bring us a boy. Were there no boys at the asylum?"  「よろしい、それならeの字をつけたアンさん、 どうしてこんないきちがいが起こったのか話しておくれでないかね。わたしらは男の子をよこしてくださいと、 スペンサーの奥さんにことづけをしたのだけれどね、孤児院には男の子がいなかったのかね」

"Oh, yes, there was an abundance of them. But Mrs. Spencer said distinctly that you wanted a girl about eleven years old. And the matron said she thought I would do. You don't know how delighted I was. I couldn't sleep all last night for joy. Oh," she added reproachfully, turning to Matthew, "why didn't you tell me at the station that you didn't want me and leave me there? If I hadn't seen the White Way of Delight and the Lake of Shining Waters it wouldn't be so hard."  「いいえ、たくさんいたことよ。 でも小母さんたちがほしがっているのは十一ぐらいの女の子だって、はっきりスペンサーの小母さんがおっしゃったわ。 それだもんで寮母さんはあたしがよかろうと言ったんです。あたしどんなにうれしかったかしれないわ。あんまり、 うれしくてゆうべは一晩中眠れなかったの。あたしじゃだめだってことをどうして駅のところで言ってくださらなかったの。 そしてあそこに放っといてくださればよかったのに」とマシュウのほうを向いて言った。「あの『歓喜の白路』や『輝く湖水』 を見ないうちだったら、こんなに辛くなかったのに」

"What on earth does she mean?" demanded Marilla, staring at Matthew.  「一体全体、何を言ってるんです?」 マリラはぽかんとしてマシュウの顔を見た。

"She--she's just referring to some conversation we had on the road," said Matthew hastily. "I'm going out to put the mare in, Marilla. Have tea ready when I come back."  「この子はーこの子はただ、 わたしらが途中話してきたことを何かいってるだけだよ」とマシュウは、早口に答えてから、「馬を始末してくるからな、マリラ、 もどったら食事にしておくれ」

       asylum  n.  《古》 (主に精神薄弱者・孤児などの)保護施設
        distinctly   adv.   [文全体を修飾して] 確かに,疑いなく
        matron   n.  寮母,保母; (公共施設の)家政婦長, (女子従業員の)女監督
        reproachfully  adj.  とがめるような, 非難する(ような).
                Ex.  She gave him a reproachful glance. 彼女は彼を非難するような目で見た
        hastily   adv.  急いで,急に,あわてて
        mare  n.  (完全に成長した馬・ロバなどの)雌; (特に)雌馬

 

あなたと世界をつなぐ架け橋Espritline

posted by チョコとコーヒー at 21:43 | TrackBack(0) | 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック