2009年08月13日

第39章デリラ・グリーン

アンの娘、ダイアナブライスには、親友が引っ越してからこれといった腹心の友はいませんでした。 そして今新しい友達が出来ようとしています。

"Can I be your dearest friend this year?" asked Delilah Green, during that afternoon recess.

Delilah had very round, dark-blue eyes, sleek sugar-brown curls, a small rosy mouth, and a thrilling voice with a little quaver in it. Diana Blythe responded to the charm of that voice instantly.

It was known in the Glen school that Diana Blythe was rather at loose ends for a chum. For two years she and Pauline Reese had been cronies but Pauline's family had moved away and Diana felt very lonely. Pauline had been a good sort.

   sleek  adv.  (毛髪・毛皮など)なめらかな、 つやのある

      quaver n. 震え声

      at loose ends  何もすることがなくて、手持ちぶさたで

      chum n. 仲良し、 親友

       Ex. be chums with  〜と仲良しである。

      crony n. 親友、旧友、 仲間


ソースネクスト
posted by チョコとコーヒー at 15:42| 炉辺荘のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。