2014年10月05日

赤毛のアンの輝く言葉2

”赤毛のアン”の中で私が感動した文章の2回目
今回も原文、”村岡花子”さんの翻訳とちょっとした説明とともにご紹介します。

sn't it splendid to think of all the things there are to find out about
It just makes me feel glad to be alive -- it's such an interesting world.
It wouldn't be half so interesting if we knew all about everything, would it ?
There'd be no scope for imagination then, would there?

これから発見することがたくさんあるって、すてきだと思わない?
あたししみじみ生きているのが嬉しいわーー世界って、とても面白いところですもの。
もし何もかも知っている事ばかりだったら、半分もおもしろくないわ。そうでしょう?


単語・文法

all the things    あらゆる事

find out about  〜についての知る。 〜に関する事実を発見する。

not half so      半分も〜でない

scope for        〜の余地がある

3・4行目のwould, knew, 'd  =would は仮定法(想像)ですので、過去形が使用されています。


想像の翼を広げるアンと一緒に、仮定法を勉強するのは楽しいですね。


余談になりますが、”アンと花子”で茂木健一郎さんが、編集者役で出演されているのを見たときには笑ってしまいました。
ご存知ない方もいらっしゃると思いますのでなぜおかしかったかを説明すると、茂木健一郎さんは、”赤毛のアン”で英語を勉強されたほど、”赤毛のアン”の大ファンなんです。
posted by チョコとコーヒー at 16:19| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする