2008年04月09日

2.Matthew Cuthbert Is Surprised-2

今日はアンについていっぱい知りましょう。
 
statiomaster(駅員)さんがアンについて言った言葉
"I dare say she'll be able to explain-- she's got a tongue of her own, that's certain. Maybe they were out of boys of the brand you wanted."  .  ”あの子には説明できましょうからなーたしかに一人前の口をききますよ。 たぶん、あんたがたの注文どおりの男の子が品切れだったかもしれませんな。”

  tongue   弁舌; 言葉づかい
   ex. have a ready [fluent] tongue 雄弁である.
        have a spiteful [bitter] tongue 口が悪い

アンの外見は
She wore a faded brown sailor hat and beneath the hat, extending down her back, were two braids of very thick, decidedly red hair.   色あせた茶色の水平帽の下からはきわだって濃い赤毛が、二本の編み下げになって背中にたれていた。   

  decidedly   確かに,明らかに,断然  ex.This is decidedly better than that. このほうがあれより断然すぐれている


Her face was small, white and thin, also much freckled; her mouth was large and so were her eyes, which looked green in some lights and moods and gray in others.   小さな顔は白く、 やせている上に、そばかすだらけだった。口は大きく、同じように大きな目は、その時の気分と光線の具合によって、 緑色に見えたり灰色に見えてたりした。

   freckled  そばかすのある
   moods   気分   ex..His moods change quickly.  彼の気分はすぐ変わる。

an extraordinary observer might have seen   特別目の鋭い人なら、@ABCということがわかるでしょう。 *この文章は@〜Cまでつながっており、 that以下@〜Cまでがすべてmight have seen にかかっています。

@that the chin was very pointed and pronounced;   この子のあごが大変とがって、つきでており、

   pronounce   目立つ

Athat the big eyes were full of spirit and vivacity;   大きな目には、いきいきした活力が溢れ、

   spirit  元気,勇気; 気迫,意気  ex.     people of spirit 気骨のある人たち; 容易に屈服しない人々
   vivacity  元気,活発,快活,陽気 

Bthat the mouth was sweet-lipped and expressive;   口もとは、やさしく、鋭敏なこと

     expressive  表現[表情]に富む; 意味深長な  ex. an expressive look 表情に富む顔つき

Cthat the forehead was broad and full;   顔はゆたかに、ひろいことなど、
 
in short, our discerning extraordinary observer might have concluded that no commonplace soul inhabited the body of this stray woman-child of whom shy Matthew Cuthbert was so ludicrously afraid.   つまり、一口に言えば、すぐれた観察眼を持っている人だったら、マシュウ・クスバートが、 こっけいなほどびくびくしている、この大人びた家なしの少女の体内には、なみなみならぬ魂がやどっている、という結論に達した事であろう。

  in short,     一口に言えば、要するに
   discerning  洞察[識別]力のある
   commonplace  平凡な,単調な,陳腐な
   ludicrously   ばかげたほど,とても

posted by チョコとコーヒー at 22:28| Comment(0) | 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。