2008年04月10日

2.Matthew Cuthbert Is Surprised-3

今日はアンの楽しいお話に耳を傾けてみましょう。

これまでに比べてあまり難しい単語や文章はありませんが、 人生の楽しみって何なのかを思い出させてくれるアンの輝く言葉がちりばめられているので、文法や単語にこだわらず、楽しみましょう。

there is so little scope for the imagination in an asylum.  でもね、 孤児院には何にも想像する種がないのよ。
     scope  (思考などを働かせる)余地、機会   ex. There's not much scope for imagination in this job. この仕事には想像力を働かせる余地があまりない。

I do hope that someday I shall have a white dress. That is my highest ideal of earthly bliss.   いつかは真っ白な服を着てみたいわ。 それがあたしの現世の幸福のいちばん高い理想なの。

   earthly  この世の、浮世の、俗界の ex.earthly pleasures 世俗的な快楽

   bliss    無上の喜び、至福

 I just love pretty clothes.  And I've never had a pretty dress in my life that I can remember- but of course it's all the more to look forward to. isn't it?  美しい服ってあたし、大好きなんですもの。それだのに、覚えている限りでは、 いままで一度もそんなのを来た事はないのーでも、そのほうがよけい、楽しみが多いわけね。

   all the more   なおいっそう、かえってますます  ex. The girl admired him all the more for his admission of weakness. 彼が弱点を自認しているので少女はますます彼に感心した。

  look forward to  〜を(楽しみにして)待つ、期待する

Isn't it splendid to think of all the things there are to find out about? It just makes me feel glad to be alive-- it's such an interesting world.   これからはっけんすることがたくさんあるって、 すてきだと思わない?わたししみじみ生きたいるのが嬉しいわー世界って、とてもおもしろいところですもの。
 
It wouldn't be half so interesting if we know all about everything, would it? There'd be no scope for imagination then, would there?   もし何もかも知っている事ばかりだったら、半分もおもしろくないわ。 そうでしょう?

”Now you see why I can't be perfectly happy. Nobody could who had red hair.  さあ、これでどうしてあたしが完全に幸福になれないかが、わかったでしょう? 赤い髪をもった者は誰でもそうだわ。

I don't mind the other things so much-the freckles and the green eyes and my skinniness.   ほかのことはあたし、 そう気にしないけどーそばかすや緑色の目や、やせっぽちのことなんかね。

I can imagine them away.  ほかのことは、 想像でなくしてしまえますもの。

I can imagine that I have a beautiful rose-leaf compleion and lovely starry violet eyes.  皮膚はばら色だし、 目は美しい星のようなすみれ色だとも想像できるのよ。

But I cannot imagine that red hair away.  でも、 この赤い髪ばっかりは創造してもどうにもならないの。

But they shouldn't call that lovely place the Avenue. Ther is no meaning in a name like that. They should call it-let me see- White Way of Delight.   だけどあそこを並木道なんて呼んじゃいけないわ。そんな名前には意味が無いんですもの。 こんなのにしなくてはーええとー「歓喜の白路」はどうかしら?

   the Avenue   並木道  ex. an avenue of poplars  ポプラの並木道

 

 

posted by チョコとコーヒー at 22:46| Comment(0) | 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。