2008年04月16日

5. Anne's History-1 (アンの身の上)

マリラがアンを連れてスペンサー婦人のところに、アンを孤児院へ送り返しに行く馬車の上で、アンが・・

”Do you know," said Anne confidentially, "I've made up my mind to enjoy this drive. It's been my experience that you can nearly always enjoy things if you make up your mind firmly that you will. Of course, you must make it up *firmly.  「ねえ、あたし、このドライブを大いに楽しむ事に決心しました」とアンはうちあけた。「楽しもうとかたく決心さえすればたいていいつでも楽しくできるのがあたしのたちなんです。もちろん、かたく決心しなくちゃだめよ。」・・・。(こうやってアンは、これまで辛さを乗り越えて来たんですね。)     

   confidentially adv.   打ち明けて、心置きなく、親しげに

   *firmly    イタリック体で書かれているところに、堅く堅く決心するという事がよく表れています。   



馬車の上で、ずっとしゃべり続けるアンに対してマリラが言います。

As you're evidently bent on talking you might as well talk to some purpose by telling me what you know about yourself.  どうもあんたはよほどしゃべりたいらしいから、いっそあんた自身の身の上話でもしたほうがいいよ。」

   bent adj. (〜に)心を傾けて、熱心で(on, upon)
ex. He's bent on mastering French. 彼はフランス語に精通しようと懸命になっている。

   might as well  (〜するくらいなら)〜したほうがましだ。
    ex. you might as well throw your money away as spend it in gambling. ばくちなんかに金を使うなら捨てたほうがましだ。

   to some purpose  いくらか効果的に

posted by チョコとコーヒー at 23:30| Comment(0) | 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。