2008年04月17日

5.Anne's History (アンの身の上)-2

"Were those women good to you?" asked Marilla, looking at Anne out of the corner of her eye.   「その人たちは、あんたによくしてくれたかね?」 とマリラは横目でアンをみやりながらきいた。

   out of the corner of her eye  横目で

 "O-o-o-h," faltered Anne. Her sensitive little face suddenly flushed scarlet and embarrassment sat on her brow.  「ええ。。。」アンは口ごもり、 感じやすい小さな顔をたちまち真っ赤にしてあわてながら言った。
     falter  vt.   〈…を〉口ごもりながら言う
    scarlet  adj.   緋(色)の,深紅色の
     embarrassment sat on her brow   困ったように額がくもった。
 
"I know they meant to be just as good and kind as possible. And when people mean to be good to you, you don't mind very much when they're not quite--always.  「二人ともそのつもりではいたのよーできるだけ、 よく親切にしてっくれたかったって事はわかっているの。だからよくしてくれたい気持ちさえあれば、 その通りにはいかなくてもかまわないわけですわね。」

   as good and kind as possible  できるだけ優しく親切な
 
They had a good deal to worry them, you know. It's very trying to have a drunken husband, you see; and it must be very trying to have twins three times in succession, don't you think?   二人とも苦労がたくさんあったでしょう?酒飲みの夫をもっているって、とても骨がおれるものだし、 続けて三組もふたごができたらたいへんでしょうしね。
     trying  adj.         ひどく骨の折れる,苦しい, つらい; 腹立たしい,しゃくにさわる   ex. a hot, trying day 暑くてつらい日
     in succession 連続して[した], 引き続いて[いた].  ex. win three victories in rapid succession やつぎばやに 3 度勝利を収める.
 
Pity was suddenly stirring in her heart for the child.  急にこの子に対するあわれみにマリラは動かされたのである。  
   pity  n.    哀れみ,同情 〔for, on〕《★【類語】 pity は自分より劣っていたり弱い立場にある人に対する哀れみの気持ちを表わすことが多い; sympathy は相手の悲しみ・苦しみを理解し共に悲しんだり苦しんだりする気持ちを表わす; compassion は通例積極的に相手を助けようとする気持ちを含む》.   ex. Pity is akin to love. 《諺》かわいそうだと思う心は愛情に近い.

What a starved, unloved life she had had--a life of drudgery and poverty and neglect; for Marilla was shrewd enough to read between the lines of Anne's history and divine the truth.  なんと飢えた、 愛情にかつえた生活を送ってきたのだろう。−−苦しい、貧しい、人に顧みられない生活。 マリラにはアンの身の上から事実を察するだけの洞察力があった。

  a life of drudgery and poverty and neglect   苦しく、貧しく、見捨てられた生活

  shrewd adj.  鋭敏な、鋭い、賢い、 洞察力のある

  divine  vt.  〜を占う、予知する、予言する、見抜く、 言い当てる ex. He divined my plans. 彼は私の計画を見抜いた

 

posted by チョコとコーヒー at 22:11| Comment(0) | 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。