2008年04月30日

15. A Tempest in the School Teapot (教室のひと騒動)

今日は、いよいよギルバートブライスの登場ですが、まずはタイトルから

A Tempest in the School Teapot 教室のひと騒動

   このタイトルを見たとき、ティーポットに他の意味があるのかしら??と不思議に思ったのですが、これはイディオムで、   
     tempest in a  teapot    つまらない[何でもない]ことでの大騒ぎ、大して重要でない事、 空騒ぎ、小波乱、内輪もめ、内部抗争

                    という意味があるそうです。
 
     ちなみに、tempestは、  n.  大騒ぎ, 騒動   で、例として、 a tempest of weeping 泣きわめき  などがあります。
  
 "What a splendid day!" said Anne, drawing a long breath. "Isn't it good just to be alive on a day like this? I pity the people who aren't born yet for missing it. They may have good days, of course, but they can never have this one. " 「なんてすばらしい日でしょうね」とアンはふかぶかと息をすいこんだ。「こんな日に生きているというだけでしあわせじゃないこと? それをのがすんですもの、まだ生まれてない人がかわいそうになっちゃうわ。もろん、そのひとたちにだって、 すてきな日はめぐってくるでしょうけれど、でもきょうは二度とこないんですもの。

   draw vt. (息)を吸う

   pity   vt.  〜をかわいそうに思う、 気の毒に思う、哀れむ、〜に同情する 

Gilbert reached across the aisle, picked up the end of Anne's long red braid, held it out at arm's length and said in a piercing whisper: "Carrots! Carrots!" ギルバートは通路ごしに手を伸ばしてアンの長い赤い髪の毛のはしをとらえ、腕をのばしたまま、 低い声ではっきり聞こえるように「にんじん!にんじん!」と言った。

   piercing   adj.  〔声や音が〕 耳をつんざくような、甲高い

Then Anne looked at him with a vengeance!  すると、まんまとアンは振り返り、あだ打ちするように彼をまじまじと見た。

   

She did more than look. She sprang to her feet, her bright fancies fallen into cureless ruin. She flashed one indignant glance at Gilbert from eyes whose angry sparkle was swiftly quenched in equally angry tears.  いや、みるどころの話ではなかった。アンはつっ立った。先ほどまでの晴れやかな夢想が無惨にもくだけ散ったのだ。 アンは怒りにぱっと燃え立ち、きっとギルバートをにらんだ。瞳は怒りの炎に光っていたが、あっというまに怒りの涙があふれて、 その火花は消えた。

   cureless  adj.  治療法のない、不治の、 救済できないあ

   indignant  adj. 怒った、憤った、怒りを込めた、 憤慨した ex. write an indignant letter  怒りを込めた手紙を書く 

   quench  vt. (火・光などを)消す ex. quench fire with water 水で光を消す。

"You mean, hateful boy!" she exclaimed passionately. "How dare you!"  「卑怯者、大嫌い! よくも言ってくれたわね!」アンは怒鳴った。

   hateful  adj.  憎むべき、ひどくいやな、 いまいましい

And then--thwack! Anne had brought her slate down on Gilbert's head and cracked it--slate not head--clear across.  続いて、ガチャン!と大きな音がした。アンが、石版をギルバートの頭に打ち下ろし、叩き割ったのだ。 叩き割ったのは石版で、頭ではなかったが、真っ二つに割れてしまった。

   bring down on 〜   〜(の上)に振り下ろす

Mr. Phillips stalked down the aisle and laid his hand heavily on Anne's shoulder. "Anne Shirley, what does this mean?"he said angrily.  フィリップス先生は通路を大股で歩いてきて、アンの肩をがっちりとつかんだ。「アン・シャーリーどういうことですか」彼は怒った。

   stalk  vi.  威張って歩く、 闊歩する、大股で歩く

Gilbert it was who spoke up stoutly. "It was my fault Mr. Phillips. I teased her."  勇敢にも口を開いたのは、ギルバートだった。「僕が悪いんです。フィリップス先生、 僕がからかったんです。」

   Gilbert it was who spoke up stoutly. はGilbertを強調した倒置文で、普通の文章に直すと、It was Gilbert who spoke up stoutly. となります。

   stoutly  adv.  勇敢に、断固として、頑強に

ギルバートはいじめっ子だけど、本当は勇敢で素敵な男の子ですね。


 

posted by チョコとコーヒー at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95232796

この記事へのトラックバック