2008年05月03日

16. Diana Is Invited to Tea, with Tragic Results-2

Anne flew down to the hollow, past the Dryad's Bubble and up the spruce path to Orchard Slope, to ask Diana to tea. アンは窪地を駆け下りて行き、「妖精の泉」のそばを通って、 えぞ松の小道を抜け、オーチャード・スロープに行ってダイアナに、お茶にいらしってくださいと招いた。

   spruce  n.  トウヒ(マツ科の常緑針葉樹)

As a result just after Marilla had driven off to Carmody, Diana came over, dressed in her second-best dress and looking exactly as it is proper to look when asked out to tea. At other times she was wont to run into the kitchen without knocking; but now she knocked primly at the front door.  その結果、マリラがカーモディさして馬車で出かけると、 すぐにダイアナはいちばん上等の晴れ着の次によい服を着こみ、お茶会にふさわしい顔をしてやってきた。ほかのときならいつでも台所から、 戸をたたきもしないで駆け込むのだが、今は気取りかえって玄関の戸をたたいた。

   wont adj.  (〜)しなれて、(〜するのを)常として<to do> ex. as he was wont to say 彼がよく言っていたように

And when Anne, dressed in her second best, as primly opened it, both little girls shook hands as gravely as if they had never met before. すると、これまた、二番目によい服を着飾ったアンも気取って戸をあけ、 二人の女の子はこれまで一度も会った事もないあいだがらのように、まじめくさって握手した。

   gravely  adv.  謹厳に、厳粛に、まじめに

   primly  adv.  取り澄まして、上品ぶって

This unnatural solemnity lasted until after Diana had been taken to the east gable to lay off her hat and then had sat for ten minutes in the sitting room, toes in position. 帽子を置きにダイアナが東の部屋へ案内され、それから居間に来て、 きちんとつま先をそろえて十分間ばかりすわっている間、この、不自然な、しかつめらしさは続いた。

   solemnity  n.  まじめ、まじめくさっていること。

   toes in position  つま先をきちんとそろえて

posted by チョコとコーヒー at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック