2008年05月07日

16. Diana is invited to Tea, with Tragic Results-4

今日は、時をあらわす表現に着目してみて行きましょう。

 "Now, please help yourself, Diana," she said politely. 「さあ、どうぞお好きなだけ召し上がって、 ダイアナ」アンはすまして言った。

   now  adj..  (接続詞的に、 話題を変えたりする時などに文頭で用いて)さて、ところで、では

     飲物のセッティングができたので、アンはもう召し上がっていいですよという意味で使っています。  意味的にはよくわかるのですが、けっこう出てこない単語です。

 Diana poured herself out a tumblerful, looked at its bright-red hue admiringly, and then sipped it daintily. ダイアナは、自分でコップになみなみとつぎ、 その鮮やかな赤い色を感心して眺めると、上品にすすった。

   and then  (それから、その後で)  

   前に続いている事を示している表現です。

 Diana had stood up very unsteadily; then she sat down again, putting her hands to her head. ダイアナはふらふらして立ち上がったが、またすぐに座り込み、両手を頭にあてた。

   then adj.  (相関的に用いて)また今度は、次には

   この場合のthenはふらふらと立ち上がったのですが、再び座り込んだと、相関的に用いられている表現です。こういうときには、 andは付かないんでしょうね。

 "I'm--I'm awful sick," she said, a little thickly. "I--I--must go right home." 「私はとても気分が悪いです。」と少し舌がもつれてダイアナが言いました。「私すぐに家に帰らなきゃ」

 "Oh, you mustn't dream of going home without your tea," cried Anne in distress. "I'll get it right off --I'll go and put the tea down this very minute." 「まあ、 お茶も飲まずにかえるなんて、だめよ」アンはがっかりして叫んだ。「すぐにしたくをするわー今すぐお茶を入れてくるから」

   right adv. すぐに

   this very minute   minuteは瞬間という意味になって、今この瞬間にという感じの意味。

      アンとダイアナの(それぞれ違った意味で) 切羽詰った感じがよく出ていますね。 

 *最後の文章ですが、NHKテキストではget off で”(食事を)用意する”になっています。 rightの位置が難しいですね。

一番お気に入りの香り味とも抜群の紅茶です。
posted by チョコとコーヒー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック