2014年10月05日

赤毛のアンの輝く言葉2

”赤毛のアン”の中で私が感動した文章の2回目
今回も原文、”村岡花子”さんの翻訳とちょっとした説明とともにご紹介します。

sn't it splendid to think of all the things there are to find out about
It just makes me feel glad to be alive -- it's such an interesting world.
It wouldn't be half so interesting if we knew all about everything, would it ?
There'd be no scope for imagination then, would there?

これから発見することがたくさんあるって、すてきだと思わない?
あたししみじみ生きているのが嬉しいわーー世界って、とても面白いところですもの。
もし何もかも知っている事ばかりだったら、半分もおもしろくないわ。そうでしょう?


単語・文法

all the things    あらゆる事

find out about  〜についての知る。 〜に関する事実を発見する。

not half so      半分も〜でない

scope for        〜の余地がある

3・4行目のwould, knew, 'd  =would は仮定法(想像)ですので、過去形が使用されています。


想像の翼を広げるアンと一緒に、仮定法を勉強するのは楽しいですね。


余談になりますが、”アンと花子”で茂木健一郎さんが、編集者役で出演されているのを見たときには笑ってしまいました。
ご存知ない方もいらっしゃると思いますのでなぜおかしかったかを説明すると、茂木健一郎さんは、”赤毛のアン”で英語を勉強されたほど、”赤毛のアン”の大ファンなんです。
posted by チョコとコーヒー at 16:19| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

赤毛のアンの輝く言葉1

NHK”アンと花子”とうとう終わってしまいましたね。

最終回では、”赤毛のアン”に出てくる、すばらしい言葉が引用されていました。
あの他にも、”赤毛のアン”にはたくさんのすばらしい文章がちりばめられています。
原文も知りたいと思われた方々の為に、私が個人的に感動したすばらしい言葉を原文と村岡花子さんの翻訳に、ちょっとした単語と文法の説明もところどころ付け加えて、初めから一つづつご紹介したいと思います。

まず初めは、アンの育ての母親となるマリラが、レイチェル・リンド婦人に孤児を引き取ることに決めた理由を説明しているくだりからです。

1.It's so seldom Matthew sets his mind on anything that when he does I always feel it's my duty to give in.       
And as for the risk, there's risks in pretty near everything a body does in this world.

マシューがな何か夢中でしたがるなんて、めったにないからね、そんな時にはわたしのほうで折れるのが義務じゃないかといつも思うんですよ。
危険といえば、この世で、人間のすることにはなんでもかんでも危険はついてまわるからね。

単語

so 〜 that           とても〜なのでthat以下 (この場合はseldomという否定形めったに〜ないがきているので、めったに〜ないのでthat以下となります。)

set one's mind     心に決める、とても〜したがる
    
give in          屈服した、おれる

as for          〜に関しては

a body          人

マシューの性格と、マリラおばさんの優しさが良くでた文章ですね。
いつもはおとなしく何がしたいなんてあまり言わない人が、こうしたいと心に強く決めた事は自由にやらせてあげたいし、何か新しい事をする時危険はつきものです。マリラおばさんの心に響く一言です。

 











posted by チョコとコーヒー at 17:13| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

花子とアンの共通点

NHKで放送されている”花子とアン”を見ていて、村岡花子と”赤毛のアン”のアンにとっても大きな共通点があるのに気付きます。

それは、実際は村岡 花なのに、”花子と呼んでくりょっ”という彼女らしいお願いです。

赤毛のアンも、自分がどう呼ばれるかがアンにとって、何にもまして重要なのが、下記の懇願で良くわかります。

What's your name?"

The child hesitated for a moment.

"Will you please call me Cordelia?" she said eagerly.

"Call you Cordelia? Is that your name?"

"No-o-o, it's not exactly my name, but I would love to be called Cordelia. It's such a perfectly elegant name."

"I don't know what on earth you mean. If Cordelia isn't your name, what is?"

"Anne Shirley," reluctantly faltered forth the owner of that name, "but, oh, please do call me Cordelia. It can't matter much to you what you call me if I'm only going to be here a little while, can it? And Anne is such an unromantic name."

"Unromantic fiddlesticks!" said the unsympathetic Marilla. "Anne is a real good plain sensible name. You've no need to be ashamed of it."

"Oh, I'm not ashamed of it," explained Anne, "only I like Cordelia better. I've always imagined that my name was Cordelia--at least, I always have of late years. When I was young I used to imagine it was Geraldine, but I like Cordelia better now. 



reluctantly            しぶしぶ

falter    vi.             口ごもる   falter forth  口ごもりながら言うという意味

 reluctantly faltered forth the owner of that name

 その名の持ち主はしぶしぶ答えた。

 falter が自動詞なので、the owner of that nameが倒置になっていると思われます。

It...what〜     実質的な主語はwhat〜以下の節

not matter       問題はない
what you call me   あなたがなんと呼ぶか

unromantic           空想的でない、やぼったい

fiddlesticks            ばかな、くだらない

unsympathetic      情け容赦ない、思いやりのない

plain                     飾り気のない、わかりやすい


sensible                分別のある、実用的な

of late years         近頃、ここ数年


アンが"ann"というunrealistic, plain and sensible な”ann"という名前ではなく、elegantな”Corderia"という名前で呼ばれることにこだわった印象的な場面でした。


posted by チョコとコーヒー at 00:27| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

花子とアン

NHKで現在放送されている”花子とアン”。赤毛のアンの翻訳者の村岡花子さんを主人公にしたドラマですが、私は、ドラマを見るまで彼女がどんな人なのかまったく知りませんでした。今のところ”赤毛のアン”を翻訳するところまで至っていませんが、花子さんとアンの共通点と見つけました。

名前にイメージを膨らませている。

花子さんの口癖に、実際は花という名前なのに、”花子と読んで下さい。”って言っているシーンを見かけますよね。
赤毛のアンにも、アンが名前にこだわる場面があります。

アンがマリラに自分の事をだけど、コーデリアと呼んでとお願いします。するとマリラが、

"I don't know what on earth you mean. If Cordelia isn't
your name, what is?"  
何を言っているのか、さっぱりわからないね。
コーデリアといのでないなら、(本当は)何という名前なの?

 


"Anne Shirley," reluctantly faltered forth the owner of that name,
"but, oh, please do call me Cordelia.  
”アン・シャーリー”
とその名の持ち主はしぶしぶ答えた。でもねえ、どうかコーデリアと呼んでくださいな。  

   falter   
vi.    口ごもる   falter forth 
口ごもりながら言うという意味


It can't matter much to
you what you
call me
if I'm only going to be here a little while, can
it?   
ここにちょっとしかいないんですもの、かまわないでしょう? 

  It...what〜     実質的な主語はwhat〜以下の節

  not matter       問題はない

  what you call me   あなたがなんと呼ぶか


But if you call me Anne please call me Anne spelled
with an E."   
アンという名を呼ぶんでしたら、eのついたつづりのアンで呼んでください。

 

"What difference does it make how it's spelled?" asked
Marilla with another rusty
smile.  
字なんかどんなふうに、つづったって、たいしたちがいはないじゃないの?
さびついたような微笑がふたたびマリラの顔へ出てきた。

   rusty  a.   〈人が〉〔能力などに関して〕
(使用しないため)鈍く[下手に]なって  ex.  I'm a bit rusty at French.
フランス語が少々下手になった.

 

"Oh, it makes such a difference. It
looks so much nicer. When you hear a name pronounced
can't you always see it in your mind, just as if it was printed
out? I can; and A-n-n looks dreadful, but A-n-n-e looks so much more
distinguished.   
あら、大きな違いだわ。
そのほうがずっとすてきに見えるのですもの。名前を聞くと、すぐ目の前に、まるで印刷されたみたいに、その名前が浮かんでこないこと?
わたしはそうだわ。だからannはひどく感じが悪いけれど、anneのほうはずっと上品に見えるわ。

      dreadful 
a.        
《口語》 つまらない,おもしろくない,実にひどい.    ex. a dreadful bore
ひどく退屈な人.

      
disttinguished  a.  〈態度など〉気品のある,
上品な.

 

If you'll only call me Anne spelled with an E I shall try
to reconcile my
self to not being
called Cordelia."
   小母さんが、
おわりにeのついたアンと呼んでくださるなら、コーデリアと呼ばれなくても、がまんするわ。

    
reconcile
     [〜 oneself で] 〔…に〕
甘んじる,黙って従う,
(しかたなく)満足する      ex.  He found
it hard to reconcile himself to this disagreeable state.
彼はこの不愉快な状態に甘んじていくことが困難だと知った.


ラベル:赤毛のアン
posted by チョコとコーヒー at 16:11| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

アンの青春から抜粋

今日は12月23日(火曜日)放送のNHKテレビ3ヶ月トピック英会話 「赤毛のアン」への旅 「アンの青春」とモンゴメリ と、アンの青春からアンの言葉の抜粋です。

 
以下の括弧内に単語を入れてみてください。

1. You'll (hardly) fail completely (in )one day and there's plenty more days (coming).

  たった一日で、大失敗はできないよ。それにまだ先は長いじゃないか。

2.There is some good (in) (every) person if you can find it. It is a teacher's duty to find and( develop) it.

  もし見つけることができるなら、どんな子どもにも、なにかしら良いところがあるわ。 それを見つけて伸ばしてあげるのが、教師の務めよ。

3.I believe the nicest and sweetest days are not those on which anything very splendid or wonderful or exciting happens, but just (those) that bring simple little pleasures, following one another softly, like pearls (slipping)(off) a string.

  幸せで楽しい暮らしとは、華やかなこと、驚くこと、 胸ときめくようなことが起きる毎日ではなく、さりげない小さな喜びをもたらす一日が、今日、明日と、 静かに続いていくことなのね、まるで真珠が一つ、また一つと、糸からすべり出ていくように。

4.I'd like to (add) some beauty( to) life," said Anne dreamily.

  「あたしは人生の美しさを増したいと思うの」 とアンは夢見るように言った

5. I'd love to (make) them (people) have a pleasanter time (because) (of) me. . .to (have) some little joy or happy thought that would never have existed if I (hadn't )(been) (born).

  あたしは、自分がこの世に生きているために、 他の人たちが、いっそう楽しく、暮らせるというようにしたいの・・・どんなに小さな喜びでも幸福な思いでも、 もしあたしがなかったら(生まれなかったら) 味わえなかったろうというものを世の中へ贈りたいの

 

答  え

1. You'll (hardly) fail completely (in )one day and there's plenty more days (coming,)

2. There is some good i(n) (every) person if you can find it. It is a teacher's duty to find and( develop) it.

3.I believe the nicest and sweetest days are not those on which anything very splendid or wonderful or exciting happens, but just (those) that bring simple little pleasures, following one another softly, like pearls (slipping)(off) a string.

4.I'd like to (add) some beauty (to) life," said Anne dreamily.

5. I'd love to (make) them (people) have a pleasanter time (because) (of)me. . .to (have) some little joy or happy thought that would never have existed if I (hadn't )(been) (born).



あなたと世界をつなぐ架け橋Espritline

海外航空券ならJTB

posted by チョコとコーヒー at 15:20| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする