2008年07月22日

30.A Wedding at the Stone House(石の家の結婚式)

"What are you thinking of, Anne?" asked Gilbert, coming down the walk. He had left his horse and buggy out at the road.  「なにを考えているの、アン?」 ギルバートは街道に馬車をおいて、小径からきた。

"Of Miss Lavendar and Mr. Irving," answered Anne dreamily. "Isn't it beautiful to think how everything has turned out. . .how they have come together again after all the years of separation and misunderstanding?"  アンは夢見るように答えた。「ミス・ ラベンダーとアービングさんの事を考えていたの。こんなになにもかも、いい具合にいったし・・・ながい年月、行き違いから、 はなれ離れになっていたのが、結局、またいっしょになれたのね。こんな美しいことがあるかしら?」

"Yes, it's beautiful," said Gilbert, looking steadily down into Anne's uplifted face, "but wouldn't it have been more beautiful still, Anne, if there had been no separation or misunderstanding. . . if they had come hand in hand all the way through life, with no memories behind them but those which belonged to each other?"  と、 見上げたアンの顔を、ギルバートは、しっかり見下ろしながら、「そう、本当に美しいことだよ。けれどね、アン、もしぜんぜん、 はなればなれにならず、行き違いなどもなかったら・・・もし二人が手に手を携え、共に味わった思い出だけをあとに残しながら、 生涯を送ったとしたらそのほうがいっそう、美しくはなかったろうか?」

For a moment Anne's heart fluttered queerly and for the first time her eyes faltered under Gilbert's gaze and a rosy flush stained the paleness of her face. It was as if a veil that had hung before her inner consciousness had been lifted, giving to her view a revelation of unsuspected feelings and realities.  一瞬、アンの胸は妙に高鳴り、じっと見つめるギルバートの視線に耐えられないものを初めて感じ、 目を伏せてしまった。青白い頬がぱっと染まった。ちょうど、心のおくにかかっていた薄絹の覆いがはずされ、 思いがけない感情と現実を目にした気持ちだった。

       walk  n.  小道、道、歩道

      uplift  vt.  揚げる、持ち上げる

       still  それでも(やはり), なお

       falter   vi.  ためらう、たじろぐ,ひるむ
   
       stain  ft. 〈…色に〉着色する
          Ex. The wood was stained yellow. その木は黄色に着色された

   revelation  n.  明らかにすること,暴露, すっぱ抜き; 漏らすこと,発覚



お好きなメニューが50%〜10%割引!≪美容室予約検索サイト・かみまど≫ 



posted by チョコとコーヒー at 22:16| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

29.Poetry and Prose(詩と散文)

 "Oh, it's all so romantic," breathed Anne to Marilla that night. "If I hadn't taken the wrong path that day we went to Mr. Kimball's I'd never have known Miss Lavendar; and if I hadn't met her I'd never have taken Paul there. . .and he'd never have written to his father about visiting Miss Lavendar just as Mr. Irving was starting for San Francisco. Mr. Irving says whenever he got that letter he made up his mind to send his partner to San Francisco and come here instead. He hadn't heard anything of Miss Lavendar for fifteen years. Somebody had told him then that she was to be married and he thought she was and never asked anybody anything about her. And now everything has come right. And I had a hand in bringing it about. Perhaps, as Mrs. Lynde says, everything is foreordained and it was bound to happen anyway. But even so, it's nice to think one was an instrument used by predestination. Yes indeed, it's very romantic." その夜、アンはマリラに感想をもらした。「こんなロマンチックなことはないわ。 もしあたしがあの日、キンボルさんの家へ行こうとして道を間違えなかったら、ミス・ラベンダーを知らずにしまったでしょうし、ミス・ ラベンダーに会わなかったら、ポールをあそこへ連れて行くこともなかったでしょうし。。。ミス・ラベンダーのことを書いたポールの手紙が、 アービングさんがちょうど、サンフランシスコへ出発しようとしているところへ着く、ということもなかったでしょうからね。 アービングさんが言ってなすったけど、あの手紙を受け取った瞬間、サンフランシスコへは代理人を送って、 自分はこちらへこようと決心したのですって。ミス・ラベンダーのことは十五年ものあいだなにも消息がわからず、十五年目にだれかから、ミス・ ラベンダーが結婚するという話を聞いて、結婚したものと思い込み、それっきりミス・ ラベンダーのことはなんにもだれにも尋ねなかったのですって。それがいまでは、なにもかもいい具合になったのよ。それには、 あたしも手を貸したわけ。たぶん、リンドのおばさんが言いなさるように、なにごとも、前もって定まっていて、どちらにしても、 そうなるかもしれないけれど、それにしても、運命の手先に使ってもらったと思うと、素敵だわ。そうよ、まったくロマンチックだわ」

   breathe  vt.  ささやく、(言葉を)もらす、 口外する

    Ex. You mustn't breathe a word of it.  そのことは一言も漏らしてはいけない。

   start vi (for)  (〜に向けて)出発する

            Ex. Let's start early. 早めに出発しましょう。

   come right  うまくいく Ex. Things will come right.  万事よくなるだろう。

   bring about  引き起こす、もたらす 

            Ex. Newclear weapons may bring about the annihilation of man.

                           核兵器は人類の絶滅をもたらすかもしれない。

   foreordain  vt.  あらかじめ定まる Ex. God has foredained that he die young.

                            彼は若死にするもの神はあらかじめ定めたもうたのだ。

   instrument  n.  手段、方便、手先、道具 

             Ex. an instrument of Mafia  マフィアの手先

   predestination  n.  運命、宿命



安心で安全な野菜をお探しですか?セレブ・ランド

posted by チョコとコーヒー at 15:53| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

28.The Prince Comes Back to the Enchanted Palace(魔法の城へ王子きたる)

It passed an hour. Then, just as Anne laid down the last shining spoon, they heard the front door shut. Both sought comfort fearfully in each other's eyes.  一時間すぎた。アンが最後のスプーンをみがきあげて、下においたとき、 玄関のドアが閉まる音がした。二人は、はっと目を見合わせた。

"Oh, Miss Shirley, ma'am," gasped Charlotta, "if he's going away this early there's nothing into it and never will be." They flew to the window. Mr. Irving had no intention of going away. He and Miss Lavendar were strolling slowly down the middle path to the stone bench.  「ああ、こんなに早く帰っちまいなさるのなら、 だめだったんですね」二人は窓のとこへとんでいった。アービング氏は帰るどころか、ミス・ラベンダーとゆっくり、 庭の真ん中の小石のベンチのほうへ歩いていた。

"Oh, Miss Shirley, ma'am, he's got his arm around her waist," whispered Charlotta the Fourth delightedly. "He must have proposed to her or she'd never allow it." 「あれあれ、お嬢様。あの方、 奥様の腰に腕をまわしていなさるのですよ」シャーロッタ四世はうれしそうに、ささやいた。「これじゃあ、申し込みをしなすったにちがいない」

Anne caught Charlotta the Fourth by her own plump waist and danced her around the kitchen until they were both out of breath.  アンはシャーロッタ四世の肥った腰をかかえ、二人とも息が切れるまで、台所じゅう、 おどりまわった。

"Oh, Charlotta," she cried gaily, "I'm neither a prophetess nor the daughter of a prophetess but I'm going to make a prediction. There'll be a wedding in this old stone house before the maple leaves are red. Do you want that translated into prose, Charlotta?"  「おお、シャーロッタ。あたしは予言者ではなし、予言者の娘でもないけれど、いま、 ここで予言をするからよくきいていらっしゃいよ。楓の葉が紅くなる前に、この古い医師の家出結婚式がおこなわれるであろう。平ったく、 言い直しましょうか、シャーロッタ?」

"No, I can understand that," said Charlotta. "A wedding ain't poetry.   「これはわかりますよ。結婚式は結婚式ですもの。」

   seek comfort  慰安を求める

   gaily adv.  陽気に、愉快に Ex. sing gaily  陽気に歌う

   prophetess n.  女預言者(予言者)

   prose n. 散文、散文体 

   poetry n. 詩、韻文 

       ※proseとpoetryは反対語です。

   

posted by チョコとコーヒー at 18:07| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

27.An Afternoon at the Stone House(石の家の午後)

"He has blue eyes and curly hair. He steals in and wakens me with a kiss every morning. Then all day he plays here in the garden. . . and I play with him. Such games as we have. We run races and talk with the echoes; and I tell him stories. And when twilight comes. . ."  「その子は青い目をして、髪はくるくる、 ちぢれているの。毎朝そっと入ってきて、私にキッスして起こすのよ。それから一日じゅうこの庭で遊んでいるの・・・わたしといっしょに、 いろいろな遊びをしてね。かけっこをしたり、こだまと話をしたり、それからわたしが物語を聞かせてやるの。そうしてたそがれどきになると・・ ・」

"I know," interrupted Paul eagerly. "He comes and sits beside you. . . so. . .because of course at twelve he'd be too big to climb into your lap . . .and lays his head on your shoulder. . .so. . .and you put your arms about him and hold him tight, tight, and rest your cheek on his head. . . yes, that's the very way. Oh, you do know, Miss Lavendar."  「ぼく、知ってるよ」ポールはせきこんで、さえぎった。「その子はおばさんのそばにきて・・・こんなふうにすわるんだよ・・・ もちろん十二にもなったら大きすぎて、おばさんのお膝にのれないものね・・・そしておばさんの肩に・・・こんなふうに、頭をのせて・・・ おばさんはその子をかたあく、かたあく抱いて、頬っぺたをその子の頭にのせるの・・・そう、そのとおりなの。ああ、知ってるのね、おばさん」

Anne found the two of them there when she came out of the stone house, and something in Miss Lavendar's face made her hate to disturb them.  石の家から出てきたアンは、ポールといるミス・ラベンダーの顔を見たとき、なぜか、 そばへ寄って邪魔をするのが悪いように感じた。

   steal in  こっそり入りこむ

   run races  かけっこをする、競争する

   eagerly  adv.  熱心に、しきりに、切に

   hate (to) vt.  (〜することを)嫌う、(〜が) いやである

       Ex. I have to disturb you. お邪魔して誠に恐縮です。


お好きなメニューが50%〜10%割引!≪美容室予約検索サイト・かみまど≫

あなたに最適な水をズバリ、30秒オンライン判定

posted by チョコとコーヒー at 22:26| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

26.Around the Bend(道を曲ったところ)

"There's nobody like my own Diana after all. Do you remember that evening we first met, Diana, and `swore' eternal friendship in your garden? We've kept that `oath,' I think. . .we've never had a quarrel nor even a coolness. I shall never forget the thrill that went over me the day you told me you loved me. I had had such a lonely, starved heart all through my childhood. I'm just beginning to realize how starved and lonely it really was. Nobody cared anything for me or wanted to be bothered with me. I should have been miserable if it hadn't been for that strange little dream-life of mine, wherein I imagined all the friends and love I craved. But when I came to Green Gables everything was changed. And then I met you. You don't know what your friendship meant to me. I want to thank you here and now, dear, for the warm and true affection you've always given me."   「あたしのダイアナのような人はほかにはないわ。あたしたちがはじめて会ったあの夕方のことをおぼえていて? あなたの家の庭で永遠の友情を誓ったじゃないの?あたしたち、あの誓いどおり、一度も喧嘩したり、冷ややかになった事はなかったわね。 あんたがあたしを愛しているって言ってくれたときのあの、ぞくぞくとしたうれしさは、いまでも忘れられないわ。 あたしの子供時代がどんなにさびしい、愛情に飢えていたものかがこの頃になって、しみじみ、わかってきたのよ。だれもあたしをほしがる者も、 かまってくれる者もなかったのよ。もし、ああした夢の生活をもち、ほしくてたまらない友達や愛情を、想像に織り込んで暮らしてこなかったら、 どんなに、みじめだったかしれないわ。でも、グリン・ゲイブルスにきてからは、なにもかも変わってしまったの。そうして、 あんたにめぐりあったわけ。あんたの友情がどんなにありがたかったか、あんたにはわからないくらいよ。ここで改めて、お礼を言いたいわ」

"And always, always will," sobbed Diana. "I shall never love anybody . . .any girl. . .half as well as I love you. And if I ever do marry and have a little girl of my own I'm going to name her Anne."  「あたしだって、いつまでも・・・いつまでも」ダイアナはすすり泣いた。「・ ・・だあれも・・・女の子は誰も・・・あんたのようには好きにならないわ。それから、もし結婚して女の子が生まれたら、 アンという名前にするつもりなの」
 
      coolness   n.  冷淡さ

   bother  vi.  苦にする,思い悩む Ex. I've no time to bother with such things.

           そんな事にかまけている暇なんかないよ


        starved  adj.  飢えた,ひもじい; 餓死して,欠乏して

    crave   vi.   切望する  Ex. He craves for recognition from his higher‐ups.
                                             彼はしきりに上役から功績を認めてもらいたがっていた

        here and now    今この場で, 即刻, 直ちに

        shall  助動 一人称で単純未来[予定]を表す
                    日常口語では shall の代わりに will が用いられる傾向が強い 





posted by チョコとコーヒー at 22:13| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする