2008年07月17日

25.An Avonlea Scandal(静かな町の醜聞)

An express wagon was jolting up the lane, with two people on the front seat and a big trunk behind. When it drew near Anne recognized the driver as the son of the station agent at Bright River; but his companion was a stranger. . .a scrap of a woman who sprang nimbly down at the gate almost before the horse came to a standstill. She was a very pretty little person, evidently nearer fifty than forty, but with rosy cheeks, sparkling black eyes, and shining black hair, surmounted by a wonderful beflowered and beplumed bonnet. In spite of having driven eight miles over a dusty road she was as neat as if she had just stepped out of the proverbial bandbox.  特別仕立ての馬車が小径をこっちへ入ってきた。 前の席にはブライト・リバー駅の駅長の息子と、見知らぬ夫人とがすわっており、うしろの席には大きなトランクが一個のっていた。 婦人は馬車が木戸のところで止まるか止まらないうちに、身軽に飛び降りた。小柄なきれいな婦人で、年は四十より五十に近く見受けたが、 頬はばら色で、輝く黒い目をし、つやつやした黒い髪にはごてごて、花や羽根飾りをつけた帽子をかぶっていた。 ほこりっぽい道を八マイルも馬車で来たにもかかわらず、紙箱からとり出したばかりのように身奇麗だった。

"Is this where Mr. James A. Harrison lives?" she inquired briskly.  「ジェイムズ・ハリソンさんのお宅はこちらですか」婦人はてきぱき、尋ねた。

"No, Mr. Harrison lives over there," said Anne, quite lost in astonishment.  「いいえ、ハリソンさんのお家はあそこです」 アンは呆気に取られてしまった。

"Well, I did think this place seemed too tidy. . .much too tidy for James A. to be living here, unless he has greatly changed since I knew him," chirped the little lady. "Is it true that James A. is going to be married to some woman living in this settlement?"  「どうりで、ハリソンさんが住んでいるにしては、ここはきれいすぎると思いましたよ。 ジェイムズがこの村の女の方と結婚するというのは本当ですか?」

"No, oh no," cried Anne, flushing so guiltily that the stranger looked curiously at her, as if she half suspected her of matrimonial designs on Mr. Harrison.  「いいえ、あの、そんなことはありませんわ」アンがあまりどぎまぎして顔を赤くしたので、 見知らぬ婦人は、まるでアン自身がハリソン氏と結婚するつもりなのではないかと言うように、アンを不思議そうにながめた。

"But I saw it in an Island paper,"  「でも、わたしは 「エドワード島新聞」で見ましたのですよ。

"Oh, that note was only meant as a joke," gasped Anne 「おお、あの記事はほんの冗談なのですよ」アンはびっくりした。

."I'm very glad to hear it," said the rosy lady, climbing nimbly back to her seat in the wagon, "because he happens to be married already. I am his wife.  「それはよかった」婦人はまた敏捷に馬車の自分の席へ戻り、 「じつはあの人はもう結婚しているんで、この私が家内なんですよ」

       jolt   vi.    ガタガタ揺れる, 揺れながら行く
                      Ex.  The cart jolted along. その荷車はガタガタと揺れていった
       nimbly  adv.   すばやく,敏捷に
       surmount  vt.  〔…が〕載っている,〔…を〕 いただいている
    Ex.The hill was surmounted with a large castle. その丘の頂上には大きな城があった
   beplumed    羽でおおわれた
   bonnet  n.   ボンネット 《婦人・小児用の帽子; つけひもをあごの下で結ぶ》.
       proverbial  adj.  有名な,よく知られた, 折り紙つきの
         Ex.The excellence of her cooking is proverbial. 彼女の料理上手は定評がある
       bandvox  n.  (帽子・カラーなどを入れておく)紙箱, 薄板箱
       chirp   vt.    かん高い声で言う
                          Ex. chirp (out) a hello おーいとかん高い声で叫ぶ
       matrimonial  adj.  結婚の,夫婦の 
                                Ex. a matrimonial agency 結婚紹介所
       designs   n.   [複数形で] 陰謀,たくらみ,下心
         Ex.  They have designs on our company. 彼らは我々の会社に下心がある



アクアプランツ「キューブ」

posted by チョコとコーヒー at 23:29| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

24.A Prophet in His Own Country(予言者エイブおじさん)

"Oh, Gilbert, have you heard the news? Mr. Levi Boulter's old house was struck and burned to the ground. It seems to me that I'm dreadfully wicked to feel glad over that, when so much damage has been done. Mr. Boulter says he believes the A.V.I.S. magicked up that storm on purpose." 「おお、ギルバート、このニュースをきいたこと?レイヴィー・ ポールターさんのあの古家に雷が落ちて、焼けてしまったんですって。こんなにひどい被害が方々にあったときに、 よろこんだりしてはわるいんだけれど。ポールターさんは改善会が魔法をつかって、わざとあの嵐をおこしたって言ってるんですって」

"Well, one thing is certain," said Gilbert, laughing, "`Observer' has made Uncle Abe's reputation as a weather prophet. `Uncle Abe's storm' will go down in local history. It is a most extraordinary coincidence that it should have come on the very day we selected. I actually have a half guilty feeling, as if I really had `magicked' it up. We may as well rejoice over the old house being removed, for there's not much to rejoice over where our young trees are concerned. Not ten of them have escaped."  ギルバートは笑った。 「一つだけ確かな事は、「オブザーヴァー」のペンでエイブおじさんの天気予言者としての名声をあげたことですよ。「エイブおじさんの嵐」 はこの地方の歴史に残るだろうからね。僕達が選んだ日とかちあうなんて、こんな不思議な一致はないね。 まるでほんとうに僕が魔法をつかったようで、気がとがめて仕方がないんだよ。あの古家がなくなったことでも、せいぜいよろこんだほうがいい。 せっかく、植えた苗木のほうはがっかりだもの。十本とたすからなかっただろうよ」

"Ah, well, we'll just have to plant them over again next spring," said Anne philosophically. "That is one good thing about this world. . .there are always sure to be more springs." 「大丈夫、来年の春、また植えればいいわ」アンは悟ったところを見せた。 「それがこの世のありがたさよ・・・春はあとからあとから、いつでもくるのよ」
 
      strick  vt.  〈雷・あらしなどが〉〈…を〉襲う
                   Ex.  Lightning struck the pine tree. 雷がその松の木に落ちた
      burn to the ground  全焼する; 全焼させる
       wicked   adj.   〈…するとは〉〔人は〕邪悪で
       prophet   n.   予言者
                  Ex.  prophet of doom 凶事の予言者, 悪いことばかり予想する人
       go down  (後世に)伝わる; 記憶[記録]させる
       may as well    〜したほうがよい



アクアプランツ「キューブ」

posted by チョコとコーヒー at 21:29| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

23.Miss Lavendar's Romance(ミスラベンダーのロマンス)

"Come again, laddie," said Miss Lavendar, shaking hands with him at parting.   「またきてちょうだいよ」ミス・ラベンダーはポールとさよならの握手をかわした。

"You may kiss me if you like," said Paul gravely.  するとポールは重々しく、「よかったら、 キッスしてもいいですよ」

Miss Lavendar stooped and kissed him. "How did you know I wanted to?" she whispered. ミス・ラベンダーは身をかがめて、ポールにキッスしてから、「わたしがキッスしたがっているって、 どうしてわかったの?」 

"Because you looked at me just as my little mother used to do when she wanted to kiss me. As a rule, I don't like to be kissed. Boys don't. You know, Miss Lewis. But I think I rather like to have you kiss me. And of course I'll come to see you again. I think I'd like to have you for a particular friend of mine, if you don't object."  「だって、ぼくのかあさんがぼくにキッスしたいなと思っている時と、ちょうど、 同じ目をしておばさんが僕を見ていたんだもの。ほんとうなら、ぼく、キッスしてもらうのはあんまり好きじゃないの。男の子はそうなんですよ。 わかるでしょう、おばさん?だけどおばさんにはキッスしてもらいたいな、と思ったの。それからもちろん、また、来ます。 おばさんさえかまわなかったら、おばさんに僕の特別の友達になっていただきたいんだけど」

"I. . .I don't think I shall object," said Miss Lavendar. She turned and went in very quickly; but a moment later she was waving a gay and smiling good-bye to them from the window.  「か、かまいませんとも」と言うと、ミス・ラベンダーは急いで家の中へ入ってしまった。 しかし一瞬後には窓から二人のほうへ微笑を送りながら、元気よく手を振っていた。

    laddie   n.    若い人
      gravely   adv.   重々しく、威厳に満ちて
   stoop  vt.   かがむ,こごむ; 前かがみになる
                    Ex.  He stooped to caress the dog. 彼はその犬をなでようと身をかがめた
       as a rule     概して, 一般に, 通例  Ex, “Is he punctual?"—“Yes, as a rule."
                                                  「彼は時間を守りますか」「はい, いつもそうです」



posted by チョコとコーヒー at 22:26| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

22.Odds and Ends(お茶のひととき)

"Davy Keith, when you want something you can't reach, ask to have it passed and don't spread yourself over the table in that fashion. Did you ever see Paul Irving doing that when he was here to meals?" 「これこれ、デイビー。 なにか手の届かないところにあるものが欲しい時は、取ってくださいというものですよ。そんなふうにテーブルの上に、 這いつくばるんじゃありません。ポール・アービングがここでご馳走を食べる時、一度だって、そんなことをしているのをみたことがあるかい?」

"But Paul's arms are longer'n mine," grumbled Davy. "They've had eleven years to grow and mine've only had seven. 'Sides, I did ask, but you and Anne was so busy talking you didn't pay any 'tention. 'Sides, Paul's never been here to any meal except tea, and it's easier to be polite at tea than at breakfast. You ain't half as hungry. It's an awful long while between supper and breakfast. Now, Anne, that spoonful ain't any bigger than it was last year and I'M ever so much bigger." 「だって、ポールのほうがぼくより手が長いもの」デイビーは不平をならした。 「ポールの手は十一年ものびてんのに、ぼくのはたった七年なんだもの。それにぼく、ちゃんと、とって頂戴って言ったんだよ。 だけどおばちゃんと姉ちゃんは夢中になって話をしていて、知らん顔してるんだもん。それにポールはここでおやつは食べたんだけど、 ご馳走なんかに一度もよばれたことはないよ。おやつんときには朝ごはんのときよか、お行儀よくするのはわけないもの。 半分もお腹がすいてないんだもん。晩と朝のあいだはすごく長いじゃないの。ねえ、アン姉ちゃん、そのおさじは去年より、 ちっとも大きくなってないけど、僕のほうはずうっと大きくなってるんだよ」
 
      reach  vt.  〈手・枝などを〉出す,伸ばす
           Ex. I reached out my hand for the apple. そのリンゴを取ろうと手を伸ばした
       in that fashion   そんな風に
   grumble  vt. 〈…と〉不平がましく言うEx. “It's all your fault," he grumbled.
                    「みんなお前が悪いんだ」と彼は不満そうに言った.
   ever so  非常に Ex.  That's ever so much better. そのほうがずっといい



海外旅行の情報満載の地球の歩き方ホームページ!/地球の歩き方


posted by チョコとコーヒー at 22:50| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

21.Sweet Miss Lavendar(ミス・ラベンダー)

Miss Lavendar looked at her tea table again, and blushed.  ミス・ラベンダーはまた、テーブルを見やってから、頬を染めた。

"I know you'll think me dreadfully foolish," she said. "I am foolish. . .and I'm ashamed of it when I'm found out, but never unless I am found out. I'm not expecting anybody. . .I was just pretending I was. You see, I was so lonely. I love company. . . that is, the right kind of company. . .but so few people ever come here because it is so far out of the way. Charlotta the Fourth was lonely too. So I just pretended I was going to have a tea party. I cooked for it. . .and decorated the table for it. . . and set it with my mother's wedding china . . .and I dressed up for it 「きっと、私をおそろしくばかげていると思いなさるでしょうが・・・ほんとうに、ばかげていますもの。 見つかった時には、恥ずかしくなるんですよ。でも、見つけられないときは、なんとも思いませんけれどね。 だれもくることになぞなっていないのですよ・・・気のあったお客様がね。でも、ここがあまり引っ込んでいるので、 めったに訪ねてくださる人がないのです。シャーロッタ四世も寂しがっているのですよ。それで私は、お茶の会を開くふりをしただけなのです。 お茶をつくるテーブルを飾り、母の婚礼の時の陶器を使い、身なりも整えたわけなんですの」

Diana secretly thought Miss Lavendar quite as peculiar as report had pictured her. The idea of a woman of forty-five playing at having a tea party, just as if she were a little girl! ."But Anne of the shining eyes exclaimed joyfuly, "Oh, do you imagine things too?" ダイアナは内心、ミス・ ラベンダーは噂にたがわぬ変人だと思った。子供じゃあるまいし、四十五にもなって、ままごとをするなんて! しかし輝く目をもったアンのほうは喜びを込めて叫んだ。「まあ、あなたも、いろいろ想像なさるんですのね」

That "too" revealed a kindred spirit to Miss Lavendar.  "Yes, I do," she confessed, boldly.  この「あなたも」という言葉で、ミス・ ラベンダーはアンも同類であることを知り、「ええ、そうなのですよ」と勇気を奮って白状した。

   out of the way  道を離れて、人里離れた所に

             Ex. His house is rather out of the way.

      peculiar  adj.  異常な、気の狂った

         Ex. He's a very peculiar fellow.  彼はとても変わった男だ。

   report  n.  うわさ Ex. Mere report is not enough to go upon. 

                 単なる人のうわさなど頼りとするに足らない。

☆kindred spirit   気の合う人、心の同類

    赤毛のアンの愛読者なら、何度もお目にかかったことのある、お馴染みの単語ですね。アンはいつもkindred spirit 探しをしているんですね。

    では、気の合う人のその他の言い方には、congenial friends があります。

    また、2人以上が主語で、気が合うという場合は、

    get along with, hit it off , get on (along) well などがあります。



【注目情報】オンライン英会話の「e英会話」1レッスン271円から!

ブラウザーは、ファイアーフォックスに、こんなにたくさんの機能があるなんて知りませんでした。

posted by チョコとコーヒー at 14:26| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする