2008年07月12日

20.The Way It Often Happens(思いがけない客)

"Diana Barry, who do you suppose is in that parlor at this very moment? Mrs. Charlotte E. Morgan. . .and a New York millionaire's wife. . .and here I am like this. . .and not a thing in the house for dinner but a cold ham bone, Diana!" 「ダイアナ・バーリー、いま、この瞬間、だれが客間にいると思って?モーガン夫人よ・・・ それからニューヨークの百万長者の奥さんと・・・それだのに、あたしときたら、この有様・・・しかも、 お昼を出すと言ってもハムのほか家中になにもないのよ、ダイアナ!」

By this time Anne had become aware that Diana was staring at her in precisely the same bewildered fashion as Priscilla had done. It was really too much. 気がついてみると、 ダイアナもプリシラと同じような顔をしてアンを眺めているのだった。

"Oh, Diana, don't look at me so," she implored. "You, at least, must know that the neatest person in the world couldn't empty feathers from one tick into another and remain neat in the process." 「あらダイアナ、そんな風に見ないでしょ。羽根布団の移しかえをすれば、 世界中で一番、身奇麗な人だって、身奇麗じゃなくなるってこと、知ってるでしょう?」

"It. . .it. . .isn't the feathers," hesitated Diana. "It's. . . it's. . .your nose, Anne." 「あの・・あの・羽根じゃないのよ」 ダイアナはためらった。「あの・・あの・・あのう・・鼻なのよ、アン」

"My nose? Oh, Diana, surely nothing has gone wrong with it!" 「あたしの鼻?おお、ダイアナ。まさかどうかなっているんじゃないでしょうね」

Anne rushed to the little looking glass over the sink. One glance revealed the fatal truth. Her nose was a brilliant scarlet! Anne sat down on the sofa, her dauntless spirit subdued at last. アンは流しの上にかかっている鏡にとんでいった。 一目見ればじゅうぶんだった。アンの鼻は燃えるような緋色をしていた。さすが、ものに動じないアンも、くたくたと椅子へたおれこんだ。

"What is the matter with it?" asked Diana, curiosity overcoming delicacy. 「いったい、どうしたの?」ダイアナは好奇心にかられたようすだった。

"I thought I was rubbing my freckle lotion on it, but I must have used that red dye Marilla has for marking the pattern on her rugs," was the despairing response. 「あたし、そばかすのお薬をぬったつもりだったんだけれど、 マリラが敷物に印をつけるのにつかう赤い染料をつかったにちがいないわ。どうしたらいいかしら?」アンは途方にくれた。

   bewildered  adj.  当惑した、うろたえた、 まごついた

   implore vt.  懇願する、嘆願する、哀願する

          Ex. I implored his forgiveness.  彼に容赦を請うた。

   tick  n.  (ふとん・まくらの)かわ

   dauntless  びくともしない、豪胆な Ex. a dauntless ecplorer  不屈の探検家

   subdue  vt.  (感情を)抑える、抑制する

   despairing adj.  絶望している、絶望を示す、 絶望的な

             Ex. a despairing sigh  絶望的なため息 



1科目からMBAまで★3万人が選んだビジネススクール −GLOBIS−

posted by チョコとコーヒー at 23:32| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

19.Just a Happy Day(幸福な日々)

She(Anne) held over him the unconscious influence that every girl, whose ideals are high and pure, wields over her friends; an influence which would endure as long as she was faithful to those ideals and which she would as certainly lose if she were ever false to them. In Gilbert's eyes Anne's greatest charm was the fact that she never stooped to the petty practices of so many of the Avonlea girls -- the small jealousies, the little deceits and rivalries, the palpable bids for favor. Anne held herself apart from all this, not consciously or of design, but simply because anything of the sort was utterly foreign to her transparent, impulsive nature, crystal clear in its motives and aspirations.  高い純粋の理想をもつ少女はだれでも友達の上に、 自分で気づかずに力をふるうものだが、アンもそのとおりだった。その力はその少女が自分の理想に忠実である限りつづくが、いったん、 理想から離れるとたちまち、失ってしまう力である。ギルバートにとって、アンの最大の魅力は、アンがほかのアヴォンリーの娘達のように、 ちょっとしたことにもやきもちをやいたり、見せ掛けの嘘をついたり、敵対意識をはたらかせたり、機嫌取りをするような、 くだらぬ真似をしないことにあった。アンはこういうことからまったく離れていた。それも意識してではなく、動機も抱負も、 水晶のように透明な純情な性格から来ていた。

But Gilbert did not attempt to put his thoughts into words, for he had already too good reason to know that Anne would mercilessly and frostily nip all attempts at sentiment in the bud -- or laugh at him, which was ten times worse.  しかしギルバートは思っている事を言葉にあらわそうとしなかった。このような感情を明かそうものなら、 アンは情け容赦もなく、それを蕾のうちに切り取ってしまうであろうしーーあるいはギルバートを軽蔑するにちがいないからだった。 それがなにより辛かった。

"You look like a real dryad under that birch tree," he said teasingly.  「そうして樺の下に立っていると、本当の木の精のように見えるよ」ギルバートはからかった。

"I love birch trees," said Anne, laying her cheek against the creamy satin of the slim bole, with one of the pretty, caressing gestures that came so natural to her. 「あたし、樺の木が大好きなのよ」アンは繻子のように、すべすべした幹に頬をよせて撫でた。

      wield  vt.  〈権力・武力などを〉ふるう,掌握する
       stoop    vi.   〔…をするまで〕身を落とす,身を落として〔…〕する
                        Ex. stoop to dishonesty  不正直なことをあえてする
       petty    adj.  ささいな, とるに足らない; 卑しい; 狭量な, けちな; 下級の; 小規模の
       deceit   n.   策略,たくらみ
       palpable  adj. 明白な,明瞭な  Ex. a palpable lie 見えすいたうそ
       bid   n.     〔地位・ 支持などを得ようとする〕骨折り,努力
       anything of  少しは…; 少しも[…でない]
       foreign    adj.   異質の; 無関係の
       impulsive  adj.  人・言動など〉一時の感情に駆られた, 衝動的な,直情的な
                            Ex. an impulsive person [act] 直情的な人[行為]
       nip 〜 in the bud  …を芽のうちにつむ; …を未然に防ぐ
       dryad    n.    【ギ・ ロ神話】 ドリュアス (木の精)
       bole      n.    木の幹
       caressing  adj.  愛撫する; なだめるような





posted by チョコとコーヒー at 22:16| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

18.An Adventure on the Tory Road(トーリー街道の冒険)

"That is the pantry window, I feel sure," she said, "because this house is just like Uncle Charles' at Newbridge, and that is their pantry window. The shade isn't down, so if we climbed up on the roof of that little house we could look into the pantry and might be able to see the platter. Do you think it would be any harm?"  「あれはきっと、食料室の窓よ。この家は、ニューブリッジのチャールズ叔父さんの家と同じつくりで、 伯父さんとこではあの窓が食料室になっているのよ。日除けが降りていないから、あの小屋の屋根に上ったら、 中が見られてお皿がわかるわよ。そうしちゃあ悪いかしら?
"No, I don't think so," decided Anne, after due reflection, "since our motive is not idle curiosity."  アンはちょっと考えてから、 「そんなことないと思うわ。あたし達の動機が単なる好奇心からではないんですもの」

Anne prepared to mount the aforesaid "little house," with a peaked roof, which had in times past served as a habitation for ducks. The Copp girls had given up keeping ducks. . ."because they were such untidy birds". . . and the house had not been in use for some years, save as an abode of correction for setting hens. Although scrupulously whitewashed it had become somewhat shaky, and Anne felt rather dubious as she scrambled up from the vantage point of a keg placed on a box.
"I'm afraid it won't bear my weight," she said as she gingerly stepped on the roof.  その小屋というのは、屋根がとがっており、もとあひるの住まいに使ったものを、コップ姉妹が、 あひるは不精な鳥だと言って、やめてしまったので、ここ何年か、巣についた雌鳥を入れるほか、なににも使っていなかった。 きれいに白く塗ってはあるが、いくらかぐらぐらしていた。アンは箱の上に、桶をのせ、こわごわ、屋根に足をかけながら、 「つぶれやしないかしら」と危ぶんだ。

"Lean on the window sill," advised Diana, and Anne accordingly leaned. Much to her delight, she saw, as she peered through the pane, a willow-ware platter, exactly such as she was in quest of, on the shelf in front of the window. So much she saw before the catastrophe came. In her joy Anne forgot the precarious nature of her footing, incautiously ceased to lean on the window sill, gave an impulsive little hop of pleasure. . .and the next moment she had crashed through the roof up to her armpits, and there she hung, quite unable to extricate herself. 「窓の敷居につかまりなさい」ダイアナに注意されて、アンはそれにしたがい、 ガラスごしにのぞいてみると、窓と向き合った棚に、ちょうど探しているのと寸分たがわぬ染め絵の皿がのっていた。ここまでは無事だった。 ところが嬉しさのあまり、アンはうっかり危なっかしい足場も忘れて、躍り上がったので・・次の瞬間、ぷすっと屋根を打ち抜き、 両脇のところまで落ち込んで、宙にぶら下がったなり、身動きが取れなくなってしまった。

      platter  n.  (特に肉用の)大皿
       due  adj.  正当の,当然の,相応の
                      Ex. after [upon] due consideration 十分考えたうえで
       reflection  n. 熟考,内省,黙想; 反省,再考; 回想
                 Ex. A moment's reflection will be more than enough. ちょっと考えるだけで十二分だ
       idle curiosity  ふとした好奇心
       aforesaid   adj.    前述の事柄
       abode  n.  【法】 住所,住居
       setting hens  鳥に卵を抱かせる
       scrupulously   adv.   几帳面に
    keg n.  小たる
   gingerly   adv.  非常に用心深く, きわめて慎重に
       pane   n.   窓ガラス(の 1 枚)
       ware   n.   瀬戸物,陶器
       precarious adj.  危険な、 危ない
       armpits   n.  わきの下
       extricate  vt. 脱出する
  



1科目からMBAまで★3万人が選んだビジネススクール −GLOBIS−

ガーデニング

posted by チョコとコーヒー at 21:43| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

17.A Chapter of Accidents(待ちあぐねた日)

When Diana dished the peas she tasted them and a very peculiar expression crossed her face.  ダイアナはえんどうを皿に盛り付けようとして、ちょっと味を見たが、奇妙な表情を浮かべた。

"Anne, did you put sugar in these peas?"  「アン、あんた、えんどうの中にお砂糖を入れた?」

"Yes," said Anne, mashing the potatoes with the air of one expected to do her duty. "I put a spoonful of sugar in. We always do. Don't you like it?"  「ええ、ひとさじ入れたわ」アンは義務を果たしているという格好で、じゃがいもをつぶしていた。「うちではいつも、 そうするのよ。その味加減、気に入らない?」

"But I put a spoonful in too, when I set them on the stove," said Diana. 「でもストーブにのせる時、あたしもひとさじ入れたのよ」 ダイアナが言った。

Anne dropped her masher and tasted the peas also. Then she made a grimace.  アンはつきまぜ棒を取り落とし、自分でも毒見をしてみたが、たちまち顔をしかめた。

"How awful! I never dreamed you had put sugar in, because I knew your mother never does. I happened to think of it, for a wonder. . . I'm always forgetting it. . .so I popped a spoonful in."  「なんて味でしょう! あたし、あんたがお砂糖を入れるとは思わなかったのよ。あんたのお母さんが入れなさらないのを知ってるんですもの。めずらしく、 あたし思いついて、入れる気になったのよ・・・いつも忘れているのにね」

"It's a case of too many cooks, I guess," said Marilla, who had listened to this dialogue with a rather guilty expression. "I didn't think you'd remember about the sugar, Anne, for I'm perfectly certain you never did before. . .so I put in a spoonful."  「これは料理番が多すぎたわけだね」二人の話を聞いていたマリラは、 気の毒そうな顔をして、「あんたがお砂糖を入れるのを忘れたろうと思ったもんでね、アン。たしかにいままで、 あんたが入れたためしがないからね。・・・それで私もひとさじ入れたのだよ」

The guests in the parlor heard peal after peal of laughter from the kitchen, but they never knew what the fun was about. There were no green peas on the dinner table that day, however.  客間の客達のところに、台所から、 とめどなく笑い声が聞こえてきたが、なんでそんなにおかしいのかわからなかった。しかし、その日の食卓にえんどうはついにあらわれなかった。
 
      dish vt.  〈料理を〉大皿[ディッシュ]に盛る
                      Ex.  dish up the dinner 晩餐(ばんさん)を供する
       peculiar  adj.  (不快なふうに)妙な,変な  Ex. a peculiar smell 妙なにおい
       with the air of   〜といった様子で
   make a grimace   しかめっつらをする, 顔をゆがめる
       for a wonder  《まれ》 不思議にも
                   Ex.  He came on time for a wonder. 不思議なことがあるものだ, 彼が定刻に来た
       peal  n.  〔雷・大砲・笑い声・拍手などの〕とどろき 〔of〕
                   Ex.  burst into peals of laughter どっと笑いこける



1科目からMBAまで★3万人が選んだビジネススクール −GLOBIS−

posted by チョコとコーヒー at 22:22| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

16.The Substance of Things Hoped For(すばらしい便り)

Anne ran across to Orchard Slope that evening to tell the news to Diana, who was also very much excited over it, and they discussed the matter in the hammock swung under the big willow in the Barry garden. その晩、アンはオーチャード・ スロープにひと走りしてダイアナに知らせた。ダイアナも少なからず興奮し、二人はバーリー家の庭の大きな柳の下で、 ハンモックに揺られながらこの問題を話し合った。

"Oh, Anne, mayn't I help you cook the dinner?" implored Diana. "You know I can make splendid lettuce salad."  「ねえ、アン、あたしにもお料理を手伝わせてくださらない?ほら、 あたし、とてもレタスサラダが上手でしょう?」

"Indeed you, may" said Anne unselfishly. "And I shall want you to help me decorate too. I mean to have the parlor simply a bower of blossoms. . .and the dining table is to be adorned with wild roses. Oh, I do hope everything will go smoothly. Mrs. Morgan's heroines never get into scrapes or are taken at a disadvantage, and they are always so selfpossessed and such good housekeepers. They seem to be born good housekeepers. You remember that Gertrude in `Edgewood Days' kept house for her father when she was only eight years old.  ...And I'm so anxious about my nose. There are seven freckles on it, as you can see. They came at the A.V.I S. picnic, when I went around in the sun without my hat. I suppose it's ungrateful of me to worry over them, when I should be thankful they're not spread all over my face as they once were; but I do wish they hadn't come. . .all Mrs. Morgan's heroines have such perfect complexions. "  「いいですとも、 それから飾りつけも手伝ってね。客間をほんとうの花のあずまやにしたいのよ。そしてテーブルには野ばらを飾るのよ。ああ、何もかも、 上手い具合に行けばいいけれど。モーガン夫人のヒロインはどれもみな、困った羽目におちいったり、不意打ちをくってまごついたりしないのよ。 いつも落ち着いているりっぱな主婦ですものね。そう生まれ付いているのね。ほら、「エッジウッドのころ」のガートルードなんか、 たった八つの時に家をきりまわしてお父さんの世話をしてるじゃないの。...それからあたしの鼻のそばかすが心配でたまらないのよ。ほら、 七つあるでしょう?この前、改善会のピクニックのとき、帽子をかぶらないで、日に照り付けられながら歩き回ったもんで、できたのよ。 もとのように顔中にひろがっているのではないから、まだまだ、ありがたいとおもわなくてはいけないんだけれど、それでも、 消してもらいたいわ。・・・モーガン夫人のヒロインはみんな、申し分のない皮膚をしているんですもの。」

"Yours are not very noticeable," comforted Diana. "Try a little lemon juice on them tonight."   「あんたのはそんなに目立たないわよ。今夜、レモン・ジュースを少しつけてごらんなさいな」ダイアナが慰めた。

      implore  vt.  〈許し・慈悲などを〉懇願する,嘆願する,哀願する
                             Ex.  I implored his forgiveness. 彼に容赦を請うた
       parlor  n.  客間, 居間; 特別室   Ex. parlor game 室内ゲーム
       bower  n.  木陰; 木陰の休息所,あずまや  Ex.  a shady bower 日陰のあずまや.
       adorn  vt.  〔…で〕飾る,装飾する 
       scrape n.  《口語》 (規則違反などをして自ら招いた)難儀,面倒
                      Ex. get into a scrape with the law 警察ざたを起こす
       at a disadvantage  不利な立場で
   selfpossessed  adj. 冷静な,沈着な
       keep house  世帯を持つ, 家事をする
      

posted by チョコとコーヒー at 22:52| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする