2008年07月07日

15.The Beginning of Vacation(暑中休暇)

"I suppose you are looking forward to your vacation, Anne?" she said, as they left the graveyard. Anne nodded. 「お休みでうれしいでしょう、アン?」墓地をはなれると、夫人はたずねた。アンはうなずいた。

"Yes.. . .I could roll the word as a sweet morsel under my tongue. I think the summer is going to be lovely. For one thing, Mrs. Morgan is coming to the Island in July and Priscilla is going to bring her up. I feel one of my old `thrills' at the mere thought."  「ええーーお休みと言う言葉を、おいしいご馳走のように味わっているのよ。 今年の夏は素敵でしょうと思うの。一つにはミセス・モーガンが七月、この島に来られる事になっていて、 プリシラがお連れして下さる事になっているんです。あたし、思っただけで、ぞくぞくっとするのよ」

"You've worked very hard this past year and you have succeeded."  「この一年、一生懸命にはげんだ甲斐があったのよ。大成功だったのね」

"Oh, I don't know. I've come so far short in so many things. I haven't done what I meant to do when I began to teach last fall. I haven't lived up to my ideals." 「あら、そうでもありませんわ。思うようにならないことばかり、 たくさんあったのですもの。去年の秋、教え始める時、しょうと思った事を果たさなかったしーーあたしの理想を実現しなかったわけですよ」

"None of us ever do," said Mrs. Allan with a sigh. "But then, Anne, you know what Lowell says, `Not failure but low aim is crime.' We must have ideals and try to live up to them, even if we never quite succeed. Life would be a sorry business without them. With them it's grand and great. Hold fast to your ideals, Anne."   「私たちはだれでもみんなそうですよ」アラン夫人は吐息をもらした。「でもね、アン、詩人のローウェルがこういっているではありませんか。 「失敗が悪いのではない。目標の低さこそは罪悪だ」とね。わたしたちは、理想を持ち、たとえ成功しないとしても、それを実現するために、 努力しなくてはいけないのよ。理想がなかったら、人士は惨めなものですよ。理想があればこそ人生も偉大なものとなるのですからね。 自分の理想をしっかり持っていることですよ、アン」 

      morsel  n.  ひと口,一片
        bring up  〈人・ものを〉 (上に)連れて[持って]くる
        come short  不足する
    live up to  …に応じて暮す; (主義[主張]に) 従って生きる
    sorry  adj.  情けない,くだらない; みじめな, 哀れな
        grand  adj. すばらしい  Ex.   We had a grand time at the party. パーティーですてきな時を過ごした
        hold fast to  〜を固守する


1科目からMBAまで★3万人が選んだビジネススクール −GLOBIS−



posted by チョコとコーヒー at 23:10| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

14.A Danger Averted(神の助け)

Anne, walking home from the post office one Friday evening, was joined by Mrs. Lynde, who was as usual cumbered with all the cares of church and state.  ある金曜日の夕方、郵便局から帰る途中、アンはリンド夫人と一緒になった。リンド夫人はいつものように、 教会と国家の苦労を全部一身に負って苦しんでいた。

"I've just been down to Timothy Cotton's to see if I could get Alice Louise to help me for a few days," she said. "I had her last week, for, though she's too slow to stop quick, she's better than nobody. But she's sick and can't come. Timothy's sitting there, too, coughing and complaining. He's been dying for ten years and he'll go on dying for ten years more. That kind can't even die and have done with it. . .they can't stick to anything, even to being sick, long enough to finish it. They're a terrible shiftless family and what is to become of them I don't know, but perhaps Providence does."  「いま、ティモシーコットンのところへいって、アリス・ルイーズを二、三日、 手伝いによこしてもらえるかどうか、聞いてきたところなんだよ。先週も頼んだのでね。あの子はのろまじゃあるけれど、 いないよりましだからね。ところが加減が悪くて、こられないと言うのさ。ティモシーも座って咳をしてはこぼしていましたよ。 ティモシーは十年このかた、死にそうになっているのだけれど、あと十年は死にそうなままでもつだろうよ。ああいう人たちは死んで、 かたをつけることさえ、できないんだからね。・・・何事にも身を入れてやれないんだね。病気だって、 ちゃんと身をいれてかかっていたらもうとっくに決着がついているものさ。あの人たちはまったく、いくじのない一家だからね。 このさきどうなるものか、わたしにゃわからないけれど、たぶん、神様はご存知だろうよ」

Mrs. Lynde sighed as if she rather doubted the extent of Providential knowledge on the subject.  リンド夫人は神がこの問題について、どの程度まで通じておられるか、心もとないと言うように溜息をついた。

     cumber=encumber  vt.  煩わしくする。

          Ex. He was encumbered with careds.  彼は心配事に思い煩った。

     be better than〜 〜より増しである。

          Ex. Something is better than nothing.  少しでもあればないよりました。

     shiftless  adj.  無能な、怠惰な、ふがいない、 働きのない

          Ex. a shiftless husband  ふがいない(働きのない)亭主

     Providence  n. 神

     

                    

 

ラベル:アンの青春
posted by チョコとコーヒー at 16:54| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

13.A Golden Picnic(たのしいピクニック)

Saturday proved an ideal day for a picnic. . .a day of breeze and blue, warm, sunny, with a little rollicking wind blowing across meadow and orchard. Over every sunlit upland and field was a delicate, flower-starred green.  土曜日は理想的なピクニック日和だったーー空は紺青に晴れ渡り、太陽はさんさんと照り輝いて暖かい日だった。 そよ風が牧場や果樹園の上をそよそよと撫でていた。日当たりの良い丘や野原には、点々と花をちらした若草がもえていた。
 
"It's so easy to be happy on a day like this, isn't it?" Anne was saying, with true Anneish philosophy. "Let's try to make this a really golden day, girls, a day to which we can always look back with delight. We're to seek for beauty and refuse to see anything else. `Begone, dull care!' Jane, you are thinking of something that went wrong in school yesterday."   「こんな日には、わけなく楽しくなれるじゃない?」とアンが、いかにもアンらしい事を言っているのが聞こえた。 「今日をほんとうに楽しい一日にしましょうね。いつ思い出しても嬉しいような日にね。あたしたち、美を探していくのよ。 ほかのものはいっさい、見ないのよ。「消え去れ、いとわしき心配よ!」ジェーン、あんた、なにかきのう学校でいやな事があったのを、 考えているのね」
"How do you know?" gasped Jane, amazed.  「どうしてわかって?」ジェーンはびっくりした。
"Oh, I know the expression. . .I've felt it often enough on my own face. But put it out of your mind, there's a dear. It will keep till Monday. . .or if it doesn't so much the better. Oh, girls, girls, see that patch of violets! There's something for memory's picture gallery. When I'm eighty years old. . .if I ever am. . . I shall shut my eyes and see those violets just as I see them now. That's the first good gift our day has given us."  「あら、顔を見ればわかってよ・・・あたしもしじゅう、自分でそんな顔をするのを知っているんですもの。 でも、考えるのはおやめなさい。いい子だからね。月曜日までとっておいても大丈夫よ。とっておけなかったら、よけい、いいわ。あら、 みんな、見てごらんなさいよ。あんなにすみれが咲いているわ!さあ、思い出の画廊にしまっておくものができた。あたしが八十になっても・ ・・それまで生きていたとしたらよ・・・目をつむれば、あのすみれを、今のまんま、目に浮かべるでしょうよ。 あれが今日あたし達への最初の贈り物ね」 

      rollicking  adj.  はしゃぎ[ふざけ]回る; 陽気な
    delicate   adj.  (色が)妙なる、(色調が)柔らかい、ほのかな
             Ex. a delicate blue light  かすかな青い光
      starred  星(飾り)をちりばめられた Ex. The garden was starred with daisies.
          庭園にはヒナギクが星のようにちりばめられていた.
      put out of  〈… を〉〔…の状態から〕出す,はずす
      There's a dear  いい子だから(しておくれ, 泣かないで); (泣かないで)いい子だね.
                        Ex. Don't cry, Betty, there's a dear. ベティー泣かないで, いい子だね
      patch  n.  小地面,一区画   Ex. a patch of potatoes=a potato patch ジャガイモ畑
 
   Begone   過去の事は水に流して
            かわいいアリー・マイラブを見ていた方ならお判りですね。
            いたずらをした時のリチャードのお馴染みの台詞です。かわいい
 
           
     

今日ドリームプレスで、 あの”くわばたりえ”がウエストー20cmに成功したコアリズム、 リージョンフリーの米国正規版です。日本版よりとても安くて、英語の勉強にもなって一石二鳥です。
★コアリズムCore Rhythm★  キックスタート DVD 4枚組

posted by チョコとコーヒー at 22:17| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

12.A Jonah Day(ヨナの日)

She had a good sleep that night and awakened in the morning to find herself and the world transformed. It had snowed softly and thickly all through the hours of darkness and the beautiful whiteness, glittering in the frosty sunshine, looked like a mantle of charity cast over all the mistakes and humiliations of the past.  その晩ぐっすりねむり、翌朝起きてみると、アンは自分も世界もすっかり変わっているのに気がついた。 夜のあいだに静かに積もった美しい雪が、いてつくような朝日にきらめき、過去の失敗や屈辱すべてをおおう慈悲のマントのように見えた。

"Every morn is a fresh beginning,
Every morn is the world made new,"
「朝ごとに、ものみなあらたに始まり、朝ごとに、世界は新しくなる」

sang Anne, as she dressed. アンは着替えをしながらうたった。

Owing to the snow she had to go around by the road to school and she thought it was certainly an impish coincidence that Anthony Pye should come ploughing along just as she left the Green Gables lane. She felt as guilty as if their positions were reversed; but to her unspeakable astonishment Anthony not only lifted his cap. . .which he had never done before. . .but said easily,  雪のため、アンは街道をまわって、 学校へいかなければならず、ちょうどグリン・ゲイブルスの小路を出外れた時、アンソニー・パイが雪をわけてこちらへくるのが見えた。アンは、 なんという、いたずらな偶然だろうと思った。アンはまるで、二人の立場が反対であるかのような、具合の悪さをおぼえた。ところが、 口もきけないくらい、びっくりしたことには、アンソニー・パイは、いままで一度もしてみせたこともないのに、帽子をとって挨拶したばかりか、 さも気安げに、

"Kind of bad walking, ain't it? Can I take those books for you, teacher?"  「道が悪いですね。その本をもってあげましょう。先生」

Anne surrendered her books and wondered if she could possibly be awake. Anthony walked on in silence to the school, but when Anne took her books she smiled down at him. . .not the stereotyped "kind" smile she had so persistently assumed for his benefit but a sudden outflashing of good comradeship. Anthony smiled. . .no, if the truth must be told, Anthony grinned back. A grin is not generally supposed to be a respectful thing; yet Anne suddenly felt that if she had not yet won Anthony's liking she had, somehow or other, won his respect.  アンは本をわたし、ほんとうに目がさめているのかとうたがった。 アンソニーはだまって学校まで歩いていったが、アンは本を受け取る時、アンソニーに微笑みかけた・・・これまで、 アンソニーにみせていた形式的な、「親切そうな」微笑でなく、不意にひらめきでた仲間同士という気持ちがこもっていた。 アンソニーも微笑み返した・・・というより、ありのままを言うなら、にやっと笑って見せた。にやっと笑う事は、 ふつうなら失礼だと思われる事だが、アンは突然、自分がまだ、アンソニーの愛情は得ていないにしても、とにかく、 アンソニーから尊敬の念をいだかれる様になったのを、知った。

      find oneself   〈自分が〉〈…の状態[場所]に〉いるのに気づく; 〈…であるのに〉 気づく
                               Ex.  find oneself alone 自分が一人であるのに気づく
       glitter  vi.   ぴかぴか光る,きらきら輝く
                        Ex. Diamonds glittered on her ears. ダイヤモンドが彼女の耳元できらきら輝いていた
       charity  n.   慈愛,思いやり  Ex. out of charity 慈悲心から, 哀れと思って
       mantle  n.   おおい隠すもの  Ex. a mantle of darkness [snow] 夜のとばり[一面の雪].
       cast   vt.    投げかける,落とす 
      owing to     [前置詞として] …のために 《★【比較】 because of のほうが口語表現
      impish  adj.  小鬼の(ような); わんぱくな,いたずらな,ちゃめな
                             Ex. an impish smile いたずらっぽい微笑
       plough     vi.  骨折って進む
       surrender   vt.  〈切符などを〉〔…に〕手渡す; 〈席などを〉〔…に〕譲る
                         Ex. She surrendered her seat to the old man. 彼女はその老人に席を譲ってあげた
        comradeship  n.  仲間[同志]であること; 僚友関係,友愛, 友情
                                Ex.  a sense of comradeship 仲間意識
        somehow or other   どういうわけか,なぜか,どうも 
                                Ex.  It got broken somehow or other. 何かの拍子でそれが壊れた


posted by チョコとコーヒー at 20:45| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

11.Facts and Fancies(子供たちの手紙)

"Yesterday I was trying to teach Lottie Wright to do addition. I said, `If you had three candies in one hand and two in the other, how many would you have altogether?' `A mouthful,' said Lottie. And in the nature study class, when I asked them to give me a good reason why toads shouldn't be killed, Benjie Sloane gravely answered, `Because it would rain the next day.' "It's so hard not to laugh, Stella.  「きのう、ロティ・ライトに足し算を教えていた時、あたしが、もし、あんたが片一方の手に飴を三つ持って、 片一方の手に二つ持ったら全部で、どれだけになって?とたずねましたらね、ロティの返事は「一口分」。それから自然科学の時間に、 あたしがなぜヒキガエルを殺してはいけないのか、その理由は?と聞いたら、ベンジー・スローンがまじめくさって、「あくる日、 雨が降るからです」と答えるじゃありませんか。

I have to save up all my amusement until I get home, and Marilla says it makes her nervous to hear wild shrieks of mirth proceeding from the east gable without any apparent cause. She says a man in Grafton went insane once and that was how it began. 笑いたいのをこらえているって、つらいものよ、 ステラ。あたし、おかしなことはみんな家へ帰るまでためておくの。ところが、マリラはこれという原因も見当たらないのに、東の部屋から、 けたたましい笑い声が聞こえてくると、ぞっとするというのよ。もと、グラフトンで気が狂った男があって、 そのはじまりがちょうどこんなふうだったって言うのよ。

"Did you know that Thomas a Becket was canonized as a snake? Rose Bell says he was. . .also that William Tyndale wrote the New Testament. Claude White says a `glacier' is a man who puts in window frames!  あなたはトマス・ア・ベケットが、蛇の仲間に入れられたのをご存知?ローズ・ ベルはそういうのですーそれからウィリアム・ティンダルが新約聖書を書いたんですってさ。クロード・ホワイトは「氷河」 とは窓枠をはめる人の事ですって!」

       addition  n.     足し算,寄せ算  Ex. easy additions やさしい足し算(問題)       
        toad   n.        ヒキガエル,ガマ 
        gravely  adv.   重大に、厳かに、 いかめしく
        save up        蓄える, 貯金する
        amusement  n.  おかしさ,おもしろさ,楽しみ
        shriek   n.       キャッと言う[叫ぶ,笑う], 金切り声を出す。
        mirth   n.        笑いさざめき,歓喜,陽気
        proceed +from   〔…から〕発する,生ずる
        Thomas a Becket  n.  1162 から1170まで カンタベリー大主教を務めた
    canonize  vt.  〈死者を〉聖人の列に加える, 列聖する
        William Tyndale     New Testament新約聖書(1534年版)の英訳をした
   
     glacier 氷河とglazierガラス屋(人) を間違えている。 

posted by チョコとコーヒー at 22:26| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする