2008年07月01日

10.Davy in Search of a Sensation(デイビーの退屈しのぎ)

"What a nice month this November has been!" said Anne, who had never quite got over her childish habit of talking to herself. "November is usually such a disagreeable month. . .as if the year had suddenly found out that she was growing old and could do nothing but weep and fret over it. This year is growing old gracefully. . .just like a stately old lady who knows she can be charming even with gray hair and wrinkles. We've had lovely days and delicious twilights. This last fortnight has been so peaceful, and even Davy has been almost well-behaved. I really think he is improving a great deal. How quiet the woods are today. . . not a murmur except that soft wind purring in the treetops! It sounds like surf on a faraway shore. How dear the woods are! You beautiful trees! I love every one of you as a friend."  
「たいがい十一月はとてもいやな月なんだけれど・・・「年」 が急に自分が年取った事に気がついて、むやみに泣いたりあせったりしているような具合でね。ことしは年のとり方が上品だわ・・・ 白髪で皺だらけになっても魅力的でありうると言う事を知っている、落ち着いた老婦人のようにね。毎日すばらしい日が続いたし、 たそがれの美しかったこと。この二週間はほんとうにおだやかだったわ。デイビーでさえ、行儀を悪くしなかったもの。 あの子はずいぶん良くなってきたと思うわ。今日はなんて森が静かなんだろう・・・こずえをわたるそよ風のほかにささやき一つ、 聞こえやしない。風の音がちょうど、遠くの海岸にうちよせる波のように聞こえるわ。森ってなんていいところだろう!お前達、 美しい木々よ!あたしはお前達一本一本を愛している友達なのよ。」

      disagrrable  adj.  不愉快な  Ex. a disagreeable person 不愉快な人
       fret   vi.  〔…のことで〕 やきもきする,悩む  Ex.  She's fretting over her son's poor grades.
                    彼女は息子が成績が悪いのにやきもきしている
       stately  adj.  威厳のある; 堂々とした, 荘厳な,品位のある
       fortnight  n.  《英》 2 週間   Ex. Monday fortnight 2 週間後[前]の月曜日
   murmur  n.  かすかな音、ざわめき、さらさらいう音、ささやき
           Ex. the murmur of traffic  かすかに聞こえる人や車が往来するざわめき
   purr  ti.    ゴロゴロと喉を鳴らす、低い音を立てる
   surf  n.      打ち寄せる波、砕け波


posted by チョコとコーヒー at 22:06| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

9. A Question of Color(色の問題)

緑のペンキで塗るはずの公会堂が、パイ一族の連絡間違いで、青色に塗られ、アン始め、村人は動揺します。
 
 Even Mr. Harrison chuckled, if he chuckled at all, in private, and was all sympathy outwardly.  ハリソン氏でさえ、陰ではくつくつ笑っても、 表に出しては同情そのものだった。

"Never mind, Anne. Most paints fade uglier every year but that blue is as ugly as it can be to begin with, so it's bound to fade prettier. And the roof is shingled and painted all right. Folks will be able to sit in the hall after this without being leaked on. You've accomplished so much anyhow."  「気にしなさんな、アン。たいがい、ペンキというものは、一年ごとに、 いやな色になっていくものだが、あの青は最初からいやな色だから、さめていけば、かえって、きれいになるかもしれないよ。 それに屋根はちゃんと葺いてペンキを塗ってあるから上等だ。これからは雨漏りに会わずに、すわっていられるからね。それだけでも、 やりとげたわけじゃないかね」

"But Avonlea's blue hall will be a byword in all the neighboring settlements from this time out," said Anne bitterly.   「でもアヴォンリーの青い公会堂と言ったらこのさき、いつまでもこの辺一体の村々の笑いものにされるでしょうよ」 アンは悲痛な面持ちで言った。

And it must be confessed that it was.  事実そのとおりであったのは否定できない。

      chuckle  vi  くすくす笑う; ほくそ笑む,悦に入る 

            Ex. chuckle to oneself 一人で含み笑いをする

       at all      [条件文に用いて] 少しでも, いやしくも

   all  adj.    (抽象名詞を修飾して)まったく・・・ そのもので  

            Ex. She's all kindness. 彼女は親切そのものだ 

   outwardly   adv.  外見上(は), 表面上(は).

   to begin with  最初は、初め(に)は Ex. He did well to begin with, but soon ran into problems. 彼は最初は順調だったが、やがていくつかの問題に突き当たった

       is bound to do  …する義務がある; 必ず…する; 〔米話〕 …する決心である.

       single  vt.     屋根板(でふく)

       byword  n.     笑いもの、物笑いの種;、悪い見本、 常套句

   settlement  n.  村落  Ex. A fishing settlement  漁民の村落


ガーデニング
posted by チョコとコーヒー at 22:39| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

8.Marilla Adopts Twins(マリラ双子をひきとる)

Altogether, Marilla was a thankful woman when she drove into her own yard, where the wind of the autumn night was dancing with the brown leaves. Anne was at the gate to meet them and lift the twins out. Dora submitted calmly to be kissed, but Davy responded to Anne's welcome with one of his hearty hugs and the cheerful announcement, "I'm Mr. Davy Keith."  我が家の裏庭に帰ってきたときには、マリラはやれやれと生き返った思いだった。 秋の夜風に枯葉がおどりまわっていた。木戸口に出迎えたアンは双生児を馬車から降ろしてやった。ドーラはおとなしく、 キッスされるがままになっていたが、デイビーのほうはアンの歓迎に対して、元気いっぱいで抱きつき、「ぼく、ミスター・デイビー・ キースだよ」と告げた。

At the supper table Dora behaved like a little lady, but Davy's manners left much to be desired.  夕食のテーブルでは、 ドーラは小さな淑女のようにふるまったが、デイビーの作法には、はなはだ遺憾な点が多かった。

"I'm so hungry I ain't got time to eat politely," he said when Marilla reproved him. "Dora ain't half as hungry as I am. Look at all the exercise I took on the road here. That cake's awful nice and plummy. Can I have another piece?"  マリラがたしなめると、「ぼく、あんまりお腹が減ってたもんで、お行儀良くしている暇がないんだよ。 ドーラは僕の半分もお腹が減ってないんだ。ここへくる途中、僕はあんなに運動したじゃないの。あのお菓子はすごくおいしいな、 プラムがいっぱい入ってらあ。もう一つもらいたいな」

Marilla would have refused but Anne cut a generous second slice. However, she reminded Davy that he ought to say "Thank you" for it. Davy merely grinned at her and took a huge bite. When he had finished the slice he said,  マリラはだめだと言おうとしたが、アンは二切れ目を大まかに切って与えた。 しかし「ありがとう」と言えと注意した。デイビーはただアンにニヤッと笑って見せただけで、ぱっくり大口にほおばった。 その一切れを食べてしまうと、

"If you'll give me another piece I'll say thank you for it."  「もう一つくれたら、その分には、「ありがとう」と言うよ」

   altogether  adv.  まったく、完全に、全然、 まるで 

              Ex. It was altogether wonderful .  それはほんとうに楽しかった。

      submit  vi.  服従する、甘受する  

          Ex. I will not submit to being treated like this.  このように扱われるのを甘受はしません。

   hearty  adj.  (友好的であるように見せようと) すごくはしゃいで、元気な

   leave to be desired  遺憾だ、不完全だ 

           Ex. The arrangements leave a lot to be desired.  準備は甚だ不完全だ。

   reprove  vt.  しかる、叱責する、とがめる、非難する。  

           Ex. The teacher reproved Tom for his frequent absences.  先生は欠席が多すぎると言ってトムをしかった。

   plummy  adj.  プラムのたくさん入った。

   would have + 過去分詞 〜するつもりだったのに 

           Ex. If I had known the news, I would have told it to you.  そのニュースを知っていたら君に知らせたのだが。


posted by チョコとコーヒー at 21:57| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

7.The Pointing of Duty(双子の運命)

Gilbert had finally made up his mind that he was going to be a doctor.  ギルバートはついに医者になろうと決心したのだった。

"It's a splendid profession," he said enthusiastically. "A fellow has to fight something all through life. . .didn't somebody once define man as a fighting animal?. . .and I want to fight disease and pain and ignorance. . .which are all members one of another. I want to do my share of honest, real work in the world, Anne. . . add a little to the sum of human knowledge that all the good men have been accumulating since it began. The folks who lived before me have done so much for me that I want to show my gratitude by doing something for the folks who will live after me. It seems to me that is the only way a fellow can get square with his obligations to the race." 「すばらしい仕事だと思うんだよ。人は、一生、なにかと戦っていかなくてはならないんだ・・ ・だれだったか、人間は闘争動物だと定義をくだした人があったね?僕は病気と苦痛と無知に挑戦するんだ・・・それはみんな、 つながり合っている一族なんだよ。僕はね、アン、この世にある、誠実な、貴重な仕事に加わって自分もその一部分の使命を果たしたいんだ。 世界がはじまって以来、りっぱな人たちが積み重ねてきた人間の知識に、たとえわずかでも付け加えたいんだ。 僕より前の時代に生きていた人たちが、僕のために多くのことをしていってくれたんだから、僕も自分のあとからくる人たちが、 僕のために多くの事をしていってくれたんだから、僕も自分のあとからくる人たちのためになにかつくして、 感謝の気持ちをしめしたいと思うんだ。人類に恩を返すにはそれが唯一の方法だと思うんだよ」

"I'd like to add some beauty to life," said Anne dreamily. "I don't exactly want to make people know more. . .though I know that is the noblest ambition. . .but I'd love to make them have a pleasanter time because of me. . .to have some little joy or happy thought that would never have existed if I hadn't been born."  「あたしは人生の美しさを増したいと思うの」 とアンは夢見るように、「人間の知識をもっと深めたいというのとは少し違うわね・・・もっとも、 それこそ一番気高い理想だと言う事は知ってますけどね・・・でも、あたしは、自分がこの世に生きているために、他の人たちが、 いっそう楽しく、暮らせるというようにしたいの・・・どんなに小さな喜びでも幸福な思いでも、 もしあたしがなかったら味わえなかったろうというものを世の中へ贈りたいの」

"I think you're fulfilling that ambition every day," said Gilbert admiringly.  「君はもうすでに毎日、その願いを実現していると思うね」 とギルバートは感動をこめて言った。

And he was right. Anne was one of the children of light by birthright. After she had passed through a life with a smile or a word thrown across it like a gleam of sunshine the owner of that life saw it, for the time being at least, as hopeful and lovely and of good report.  そのとおり、アンは生まれながらに光の子であった。 だれの生活の中へでもアンはかならず、ほほえみと愛の一言を、日光のように差し込ませる。それを受けた人は、たとえその当座だけでも、 人生を希望にみちた、美しい、善意のあふれたものだと思う事が出来た。

Finally Gilbert rose regretfully.  やがて、ギルバートは名残惜しそうに立ち上がった。

   the sum of one's knowledge   知識全体

   get square with  貸し借りなしにする

   obligation  n.  義務、義理、恩義、おかげ

   gleam  n. 微光、薄光

   hopeful  adj.   希望に満ちた

   of good report  評判の良い

   regretfully  adv.  残念そうに、 惜しがって Ex. sigh regretfully  残念そうにため息をつく


い草ごろ寝マット
posted by チョコとコーヒー at 22:16| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

6. All Sorts and Conditions of Men. and women(人さまざま)

"Oh, this is a day left over from Eden, isn't it, Diana?". . .and Anne sighed for sheer happiness. "The air has magic in it. Look at the purple in the cup of the harvest valley, Diana. And oh, do smell the dying fir! It's coming up from that little sunny hollow where Mr. Eben Wright has been cutting fence poles. Bliss is it on such a day to be alive; but to smell dying fir is very heaven. That's two thirds Wordsworth and one third Anne Shirley. It doesn't seem possible that there should be dying fir in heaven, does it? And yet it doesn't seem to me that heaven would be quite perfect if you couldn't get a whiff of dead fir as you went through its woods. Perhaps we'll have the odor there without the death. Yes, I think that will be the way. That delicious aroma must be the souls of the firs. . .and of course it will be just souls in heaven." 
「おお、これは楽園の一日よ・・・そうじゃない、ダイアナ?」アンは幸福のあまり、吐息をついた。「空気のなかに魔法がこもっているわ。 ごらんなさいな。谷間の畑のくぼみが紫色に見えるじゃないの、ダイアナ。そしてまあ、樅の枯葉の匂いをかいでごらんなさいな!エバン・ ライトさんが柵の杭を切っていた、あの日当たりのいい窪地から匂ってくるのよ。このような日に生きる者は幸いなるかな。 されど樅の枯葉の香を楽しむはまさに天国なり。これは三分の二はワーズワース、三分の一はアン・シャーリーの作よ。 天国には樅の枯葉なんてなさそうね。でも森を歩いて樅の枯葉の匂いをかげないのでは、天国も完全だとは思えないわ。 たぶん枯葉なんかなくて、匂いだけ漂っているのかもしれないわ。そうよ。きっとそうだわ。あのすてきな香りは樅の木の魂にちがいないわ・ ・・だからむろん、天国では魂だけなのよ」

     left over n.   残り
   Eden     n.     楽園、楽土
   sheer    adj.   まったくの,本当の  Ex. sheer folly 愚の骨頂
     cup      n.  杯状のもの
     dying fir       モミの枯れ葉
     wiff      n.   ぷんとくる香り 〔of〕  Ex. a whiff of curry カレーのぷんと匂ってくる香り
   delicious  adj.    (香りなど)かんばしい Ex.a delicious smell  よい香り
posted by チョコとコーヒー at 21:43| アンの青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする