2008年12月28日

第二年目-1

NHKテレビ3ヶ月トピック英会話 「赤毛のアン」への旅の再放送が終わってしまったので、 アンの愛情の続きから始めたいと思います。

 

休暇を終えて、サマーサイドの柳風荘にアンが再び戻ってきました。

アンとエリザベスの素敵な会話からです。

"'Isn't this a lovely evening?' I said.

"'Where you are it's always a lovely evening, Miss Shirley,' said little Elizabeth.

"Talk of compliments!

"'How have you put in the summer, darling?' I asked.

"'Thinking,' said little Elizabeth softly, 'of all the lovely things that will happen in Tomorrow.'

 

  Talk of  〜の話なら(〜に及ぶものはない) Talk of compliments. なんという讃辞でしょう。

       Ex.  Talk about wit! 天下一品の機知だった。

  put in  時を過ごす。  Ex.  put in an hour on one's studies. 勉強を1時間する。

 



お得にタメシ読み! ブックオフオンラインのタメシ買い

posted by チョコとコーヒー at 16:54| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

40.Love Takes Up the Glass of Time(真実の愛)

アンの愛情の最後の章、ときめきながら読みました。

ギルバートはとうとうアンに尋ねます。

"I have a dream," he said slowly. "I persist in dreaming it, although it has often seemed to me that it could never come true. I dream of a home with a hearth-fire in it, a cat and dog, the footsteps of friends -- and YOU!"  「僕には一つの夢がある」彼はゆっくり言った。「何度か実現しそうもなく思われたが、僕はなおもその夢を追い続けている。 僕はある家庭を夢見ているのです。炉には火が燃え、ネコや犬がおり、友達の足音が聞こえーそして、君のいる」

Anne wanted to speak but she could find no words. Happiness was breaking over her like a wave. It almost frightened her.  アンは口を聞こうとしたが言葉にならなかった。幸福が波のように押し寄せてきた。おびえるほどだった。

"I asked you a question over two years ago, Anne. If I ask it again today will you give me a different answer?" 「僕は二年前にあることをたずねましたね、アン。それをきょう、再びたずねたら、 君は別の返事をしてくれますか?」

Still Anne could not speak. But she lifted her eyes, shining with all the love-rapture of countless generations, and looked into his for a moment. He wanted no other answer.  それでもなお、アンはものが言えなかった。しかし、 数えきれない過去の世代が経てきた、愛の陶酔に輝く目をあげて、アンは一瞬、ギルバートの目を見つめた。彼はそれ以外の返事は望まなかった。

   dream of 〜  〜のことを夢に描く、夢想する

      Ex. He dreamed of having a new car.  彼は新車を持つことを夢見た。

   hearth  n.  炉床、炉辺(家庭団欒のイメージがある)

   footstep  n.  足音

   break over  (波などが)〜に押し寄せる

   rapture  n.  有頂天、狂気、歓喜  Ex. be in raptures  有頂天になる



ガーデンテーブル&チェアー

posted by チョコとコーヒー at 12:57 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

39.A Book of Revelation(黙示録)

There is a book of Revelation in every one's life, as there is in the Bible. Anne read hers that bitter night, as she kept her agonized vigil through the hours of storm and darkness. She loved Gilbert -- had always loved him! She knew that now. She knew that she could no more cast him out of her life without agony than she could have cut off her right hand and cast it from her. And the knowledge had come too late -- too late even for the bitter solace of being with him at the last. 聖書に黙示録の書があるように、だれの生涯にも黙示録がある。アンは嵐と暗黒の中で身も世もなく、 寝もやらずすごしたその苦悩の夜、彼女の黙示録を読んだ。アンはギルバートを愛していたー今までずっと愛してきたのだ!それが今、 わかった。アンはおのが右手を切り取りそれを投げ捨てることができないと同様、 おのが生涯から苦痛をおぼえずにギルバートを捨てきれない事を知った。だが、 この悟りはあまりに遅すぎたーギルバートの臨終に共にいることによって、つらいながらも慰めを得るという事さえ間に合わなかった。

       Revelation  v.  天啓,啓示,黙示、 黙示録
        agonized  adj.  苦悶の
                             Ex. agonized shrieks 苦悶の悲鳴
        vigil   n.  寝ずの番,徹夜,夜通しの看病
                     Ex. keep vigil over [beside] a sick child 徹夜で病児の看病をする
        cast  vt. 投げ捨てる
        solace  n.  慰め,慰安
                        Ex.  find [take] solace in… …を慰めとする


ソニーの“branco(ブランコ)”

JTB スタッフけんさくん☆プロ1500人に聞けるお勧め旅行のクチコミサイト!