2008年09月02日

7.Full-fledged B.A.'s(学士たち)

Anne wondered why Gilbert should have sent her flowers for Convocation. She had seen very little of him during the past winter. She knew he was studying very hard, aiming at High Honors and the Cooper Prize, and he took little part in the social doings of Redmond. Anne's own winter had been quite gay socially. She had seen a good deal of the Gardners; she and Dorothy were very intimate; college circles expected the announcement of her engagement to Roy any day. Anne expected it herself. Yet just before she left Patty's Place for Convocation she flung Roy's violets aside and put Gilbert's lilies-of-the-valley in their place. She could not have told why she did it.   アンはどうしてギルバートが今日のために花を送ってよこしたのかと不思議に思った。 この冬のあいだアンはごくわずかしかギルバートを見かけなかった。ギルバートが最優等とクーパー奨学金をめざし、勉学第一で、 レドモンドの社交的な催しにほとんど加わっていないのをアンは知っていた。アン自身は社交的にまったく賑やかな冬を送った。 ガードナー家の人びととはたびたび会い、ドロシーと非常に親密になった。大学の仲間達はロイとの婚約の発表を今日か今日かと待ち受けていた。 アン自身も待っていた。それにもかかわらず、アンは卒業式場に向かってパティの家を出る直前にロイのすみれをわきへ投げやり、 その代わりにギルバートのすずらんをつけた。なぜそうしたのか自分にも説明がつかなかった。
 
      convocation  n.   ((米))(ある大学で) 学位授与式, 卒業式
       doings   n. 行い, 行為, ふるまい, 行状;出来事;行事
               Ex. doings for the month  今月の行事
      any day
     いつでも;どんな場合でも;きょうにもあすにも
      gay  adj.  〈人・性質・行為など〉陽気な,快活な,楽しそうな
                   Ex.  gay voices にぎやかな人声
       fling  vt.  〈ものを〉(勢いよく)投げる,投げ飛ばす,投げつける,ほうり出す
                    Ex.  fling a pair of dice さいを 2 個投げる



2829件のJTBスタッフのクチコミ情報を地名や温泉名で一発検索


posted by チョコとコーヒー at 21:07 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

36.The Gardners'Call(ガードナー夫人とその娘達)

アンの交際相手、ロイ・ガードナーの母と娘達がアンに会いにおとずれました。

Mrs. Gardner was tall and thin and handsome, exquisitely gowned, cordial with a cordiality that seemed a trifle forced. Aline Gardner was a younger edition of her mother, lacking the cordiality. She endeavored to be nice, but succeeded only in being haughty and patronizing. Dorothy Gardner was slim and jolly and rather toboyish. Anne knew she was Roy's favorite sister and warmed to her. She would have looked very much like Roy if she had had dreamy dark eyes instead of roguish hazel ones. ガードナー夫人は背が高く、やせぎすの美人で、素晴らしい衣装をまとっており、やや、 わざとらしい親しさが見えた。アライン・ガードナーはガードナー夫人を若くして、人なつこいところだけを差し引いたようなものだった。 一生懸命心安くしようとするのだが、結局、高慢なもったい振った態度にしかならないのだった。ドロシー・ガードナーはほっそりした体つきの、 快活な、どちらかといえばおてんば娘であった。アンはドロシーがロイと仲の良い妹であるのを知って好意をいだいた。 いたずらっぽい淡褐色の目のかわりに、夢見るような黒い目をしていたら、ロイにそっくりであっただろう。

    exquisitely  adv.  非常に美しく、絶妙に
      cordiality  n.  心からの気持ち,真心,温情; 心からの友情
      trifle  n.  [a 〜; 副詞的に] 少し
                        Ex.  I was a trifle vexed. ちょっと腹が立った
       forced  adj.  無理な、こじつけの、 不自然な
           Ex. a forced laugh  作り笑い
      haughty   adj.  〈人・行為など〉傲慢(ごうまん)な, 横柄な
      patronizing  adj. 恩人ぶった,恩着せ顔の; お高くとまった
     warm  vi.  好意を寄せるようになる、好きになる
         Ex. I didn't warm to the new boss.  私は新任の上司が好きになれなかった。
      roguish  adj.  いたずらをする,ふざける,ちゃめな



30年の信頼、大地を守る会のお試し野菜セットが送料無料で1,290円から

posted by チョコとコーヒー at 21:13 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

35.The Last Redmond Year Opens(レドモンドの最後の年)

The girls of Patty's Place settled down to a steady grind of study; for this was their last year at Redmond and graduation honors must be fought for persistently. Anne devoted herself to English, Priscilla pored over classics, and Philippa pounded away at Mathematics. Sometimes they grew tired, sometimes they felt discouraged, sometimes nothing seemed worth the struggle for it. In one such mood Stella wandered up to the blue room one rainy November evening. Anne sat on the floor in a little circle of light cast by the lamp beside her, amid a surrounding snow of crumpled manuscript. パティの家の乙女達は真剣に勉強に熱中していた。これがレドモンドにおける最後の学年であり、 卒業の時の栄誉はなんとしても戦い取らねばならないからである。アンは文学に専心し、プリシラは古典に没頭し、 フィリパは数学をさかんに追撃していた。一同は時には疲れ果て、時には絶望し、 時にはそんなに奮闘するだけの価値をみとめることができなくなったりした。そのような気分におちいったステラはある十一月の雨の夜、 青い部屋へふらっと出かけて行った。アンは皺くちゃになった原稿紙の中にうずまり、 傍のランプが投げる小さな光の輪の中で床に座り込んでいた。

"What in the world are you doing?" 「いったい、 何をしているの?」

"Just looking over some old Story Club yarns. I wanted something to cheer AND inebriate. I'd studied until the world seemed azure. So I came up here and dug these out of my trunk. They are so drenched in tears and tragedy that they are excruciatingly funny."   「昔の物語クラブの奇談を読み返しているだけなの。なにか元気付けて有頂天にしてくれるものがほしかったのよ。あたし、 あんまり夢中に勉強したもんで、頭が変になって世界が空色に見えてきちゃったの。 そこでここへ上ってきてこれをトランクから掘り出したわけなの。みんな涙と悲劇でぬれそぼっているので、苦しくなるほど愉快よ」

   steady  adj.  堅実な、着実な、まじめな 

           Ex. a steady worker 堅実な働き手、まじめな勉強家

   pore  vi.  熟読する、じっくり研究する(over)

   grind  n.  こつこつ勉強する学生、がり勉家

       pound  vi.  激しく砲撃する  Ex. The field artillery pounded away at the fortress.

                                 野戦法砲兵隊は要塞に向けて続けざまに猛撃を浴びせた。

   crumpled  adj.  しわくちゃになった、もみくちゃになった

   yarn  n.  物語、旅行談、作り話 Ex. spin a yarn  物語をする

   inebriate  vt. 酔わせる Ex. He wa inebriated.  彼は酔っていた。

   azure  n. 空色、淡青色

   excruciatingly  adv. 責め苦にかけられるように、激しく、耐え難く



posted by チョコとコーヒー at 14:59 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

34.John Douglas Speaks at Last(ジョンダグラスついに語る)

Suddenly the gate-latch clicked and John Douglas strode into the garden. He walked towards them straight over the geranium bed. Janet stood up. So did Anne. Anne was a tall girl and wore a white dress; but John Douglas did not see her. 突然、門の鍵がカチッといってジョン・ダグラスが庭に入ってきた。 彼は二人のほうにむかって真直ぐゼラニウムの花壇を踏み越えて歩いて来た。ジャネットは立ち上った。アンも立上った。 アンは背の高い娘であり白い服をまとっていたが、しかし、ジョン・ダグラスの目には入らなかった。

"Janet," he said, "will you marry me?" 「ジャネット、 私と結婚してくれませんか」

The words burst out as if they had been wanting to be said for twenty years and MUST be uttered now, before anything else.  この言葉は二十年間も言いたかったのだが、今、なにはさておき言ってしまわなければならない、 とでもいうかのように迸り出た。

Janet's face was so red from crying that it couldn't turn any redder, so it turned a most unbecoming purple. ジャネットの顔は泣きはらしてたいそう赤くなっており、これ以上赤くなれないほどだったが、 それが体裁の悪い紫色を呈してきた。

"Why didn't you ask me before?" she said slowly. 「なぜもっと早くにそうおっしゃらなかったの?」とジャネットは重い口調で言った。

"I couldn't. She made me promise not to -- mother made me promise not to.”  「そうできなかったのです。 そうしてはいけないと約束させられたものでーー母がです。」

   latch  n.  掛け金、ラッチ Ex. set the latch 掛け金をかける

   clatch  vi.  カチッと音をたてる

   stride  vi.  大股に歩く

          Ex. He storode away.  彼は大股で歩き去った。

   bed  n.  花壇、苗床

   utter  vt.  口から出す、発する

         Ex.  She uttered a deep sigh.  彼女は深いため息をもらした。

   unbecoming  adj.  不穏当な、見苦しい、不体裁な、無作法な

              Ex. unbecoming language  下品な言葉



秋の夜長は、観葉植物 に囲まれた癒しのお部屋で、読書もいいですね。

posted by チョコとコーヒー at 22:28 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

33."He Just Kept Coming and Coming"(通い続けた二十年)

Three days later Anne came home from school and found Janet crying. Tears and Janet seemed so incongruous that Anne was honestly alarmed. "Oh, what is the matter?" she cried anxiously. それから三日後にアンが学校から通ってみると、 ジャネットが泣いていた。涙とジャネットはあまりに不似合いなので、アンはまったくあわててしまった。「まあ、どうなすったの?」 アンは心配そうに叫んだ。 

"I'm -- I'm forty today," sobbed Janet.   「わたしはーーわたしはきょう四十になったんですよ」と、ジャネットはすすり泣いた。

"Well, you were nearly that yesterday and it didn't hurt," comforted Anne, trying not to smile.  「でも、きのうだってそれに近かったのに、 なんともなかったじゃありませんか」と、アンは微笑をこらえて、慰めた。

"But -- but," went on Janet with a big gulp, "John Douglas won't ask me to marry him."  「でもーでも」ジャネットはごっくり涙を呑み込んだ。「ジョン・ダグラスがわたしに結婚の申込みをしなくなりますもの」

"Oh, but he will," said Anne lamely. "You must give him time, Janet 「あら、 そんなことはありませんわ」アンはおぼつかなげに言った。「あの人に時間を与えなくてはいけなくてよ、ジャネット」

"Time!" said Janet with indescribable scorn. "He has had twenty years. How much time does he want?" 「時間ですって?」と言う声には、言うに言われぬ嘲りがこもっていた。 「あの人には二十年も時間があったのよ。どのくらい時間がいるというの?」

"Do you mean that John Douglas has been coming to see you for twenty years?" 「じゃあ、ジョン・ダグラスは二十年間もあなたに会いに来ているとおっしゃるの?」

"He has. And he has never so much as mentioned marriage to me. And I don't believe he ever will now. I've never said a word to a mortal about it, but it seems to me I've just got to talk it out with some one at last or go crazy. " 「そうですよ。 それでいてあの人は結婚の事はおくびにも出さないんですからね。今となってはもう言い出すことはないに決まってますよ。これまで、 このことについちゃだれにも一言だって言った事がないのだけれど、とうとう、だれかに話でもしなけりゃ、気が狂ってしまいそうなんですよ。」
 
     incongruous  adj.  調和しない
                              Ex. incongruous colors ちぐはぐな色
      gulp  n.   ぐっと飲むこと[量,音], ぱくっと食べること[量,音].
                   Ex. at [in] one [a] gulp ひと飲みに, ひと口に
      lamely   adv.  力なく、弱弱しく
    scorn   n.  (怒りをこめた激しい)軽蔑,さげすみ,あざけり
                      Ex.  hold a person in scorn 人を軽蔑する.
      mortal  n.  《英戯言》 人    Ex.  thirsty mortals 酒好きの連中
      talk out    徹底的に論議する; 話し合いで決める



2829件のJTBスタッフのクチコミ情報を地名や温泉名で一発検索


posted by チョコとコーヒー at 21:24| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。