2008年08月28日

32.Tea with Mrs. Douglas(ダグラス夫人のお茶)

Valley Road prayer-meetings seemed to be essentially feminine. There were thirty-two women present, two half-grown boys, and one solitary man, beside the minister. Anne found herself studying this man. He was not handsome or young or graceful; he had remarkably long legs -- so long that he had to keep them coiled up under his chair to dispose of them -- and he was stoopshouldered. His hands were big, his hair wanted barbering, and his moustache was unkempt. But Anne thought she liked his face; it was kind and honest and tender; there was something else in it, too -- just what, Anne found it hard to define. She finally concluded that this man had suffered and been strong, and it had been made manifest in his face. There was a sort of patient, humorous endurance in his expression which indicated that he would go to the stake if need be, but would keep on looking pleasant until he really had to begin squirming.  バレーロードの祈祷会は夫人が主のようであり、出席しているのは夫人が三十二名、大人になりかけの少年が二人、 牧師のほかは男子がただ一人だった。アンはこの男に注意を向けている自分に気がついた。彼は美男でもなければ若くもなし、優雅でもなかった。 足が著しく長くーーその始末をつけるのに椅子の下でとぐろをまいたままにしておかねばならぬほどだったーーおまけに猫背だった。手は大きく、 髪には手入れが行われておらず、口髭は乱れていた。けれどもアンは彼の顔は感じがいいと思った。親切な、正直な、 思いやりのある顔という以上に、なにかほかのものもあったーーそれがなんであるか、ちょっとアンには説明できなかった。 ついにアンはこの男は苦労に強く耐えてきた人であり、それが顔にあらわれているのだという結論にたっした。その表情には辛抱強い、 ユーモラスな忍耐力ともいうべきものがあり、必要なら火焙りにだってなるが、 ほんとうにもがきはじめねばならなくなるまでは愉快な顔をしていようという気持が出ていた。
 
      solitary  adj.  ひとりの,ひとりぼっちの; 孤独の
                          Ex.  a solitary cell 独房
        coil up    +upとぐろを巻く; 丸くなる
                        Ex.  The snake coiled up. ヘビがとぐろを巻いた
        dispose   vi.   +of+(代)名〔…を〕片づける,処置[処分]する,始末する
        stoopshouldered  adj.  猫背の、 前屈みの
        barber vt.    〈人の〉散髪をする
        unkempt  adj.  〈髪が〉くしを入れてない, もじゃもじゃの
                             Ex.  unkempt hair 乱れ髪
       stake  n.  [the 〜] 火刑,火あぶり
            Ex. be burned at the stake 火刑に処せられる
       squirming vi.  〈人が〉(苦痛・不快・いらだちなどで)身もだえする,もがく


燃料サーチャージ・ガソリン代も高い今は
JTBのスタッフさんの口コミを聞いて近場でリラックスしましょうかわいい



posted by チョコとコーヒー at 22:35 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

31.Anne to Philippa(アンからフィリパへ)

アンがフィリッパに宛てた手紙です。
 
Here am I, installed once more as a country `schoolma'am' at Valley Road, boarding at `Wayside,' the home of Miss Janet Sweet. Janet is a dear soul and very nicelooking; tall, but not over-tall; stoutish, yet with a certain restraint of outline suggestive of a thrifty soul who is not going to be overlavish even in the matter of avoirdupois.  あたしは再び田舎の『学校の先生』として、バレー・ ロードに就職し、『道の辺』という、ミス・ジャネットの家に下宿しております。ジャネットはたいへん親しみ深い人でなかなか美人です。 背は高すぎず、引締った肉付きで、肥り具合にさえも無駄はすまいというほどの倹約家を思わせます。

"I like her; and she likes me -- principally, it seems, because she had a sister named Anne who died young.
"`I'm real glad to see you,' she said briskly, when I landed in her yard. `My, you don't look a mite like I expected. I was sure you'd be dark -- my sister Anne was dark. And here you're redheaded!'  あたしはジャネットが好きだし、 ジャネットもあたしが好きですーーそのわけはジャネットには若くして亡くなったアンという妹があったことが主として原因しているらしいの。 あたしがこの家の庭に着くと、ジャネットは元気良く、『ほんとによくきてくださいました。おやまあ、 あなたはわたしがおもっていたのとちっとも似てなさんないですね。 きっと黒い髪の方だと思ってたんですよーーわたしの妹のアンが黒い髪でしたからね。それだのに、あなたは赤毛じゃありませんか!』

 "For a few minutes I thought I wasn't going to like Janet as much as I had expected at first sight. Then I reminded myself that I really must be more sensible than to be prejudiced against any one simply because she called my hair red. Probably the word `auburn' was not in Janet's vocabulary at all.  しばらくあたし、 最初ひと目みた時ほどにはジャネットが好きになれないと思ったけれど、そのうちに、赤毛だと言われただけで人を毛嫌いするような、 馬鹿なことであってはならないと考えついたの。多分、『赤褐色』という言葉がジャネットの語彙の中になかったのかもしれませんものね。

    install  vt. 就任させる
      wayside  n.  路傍.
      stoutish  adj.  太り気味の
    suggestive  adj.  〔…を〕思わせて, 暗示して 〔of〕.
                            Ex.  weather suggestive of autumn 秋を思わせる天候
      thrifty adj. 倹約な,つましい
   
in  the matter of 〜 〜に関して(は)  
    avoirdupois 
n. (人の)体重; 肥満 《★現在ではあまり用いられない》 .
      principally  adv.  第 1 に; 主に,主として
      my  間投詞  [驚き・疑念を表わして] まあ! あら!
       Ex. My! It's beautiful! まあ[やあ], 美しい(なあ)!
      auburn n. 赤[金]褐色


NASAやコロンビア大学でも採用!語学教材ならロゼッタワールド

posted by チョコとコーヒー at 20:55 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

30.Mrs. Skinner's Romance

エスター・ヘイソーンの代わりに7月と8月だけ学校で教えるようになったアンは、バレー・ロードに行きます。そこでは、 スキナー夫人が屋主から頼まれ馬車で迎えに来ていました。馬車でアンを送る途中、 スキナー夫人は彼女に結婚を申し込んだ2人の男性について話しています。

"He'd been a widder-man for three yers, and his sister kept house for him. Then she got married and he just wanted some one to look after his house. It was worth looking after, too, mind you that. It's a handsome house. Jog along, black mare.  As for Thomas, he was poor, and if his house didn't leak in dry weather it was about all that could be said for it, though it looks kind of pictureaskew. But, y'see, I loved Thomas, and I didn't care one red cent for W.O. So I argued it out with myself. `Sarah Crowe,' say I -- my first was a Crowe -- ` `you can marry your rich man if you like but you won't be happy. Folks can't get along together in this world without a little bit of love. You'd just better tie up to Thomas, for he loves you and you love him and nothing else ain't going to do you.'  So I told Thomas I'd take him. All the time I was getting ready I never dared drive past W.O.'s place for fear the sight of that fine house of his would put me in the swithers again. But now I never think of it at all, and I'm just that comfortable and happy with Thomas. "   「ウイリアム・オペディアは三年のあいだやもめ暮らしをして、妹に家をとりしまってもらってましたっけが、 その妹がかたづいちまったそら行け、クロや。もんで、だれか世帯の面倒をみてくれる者がほしかっただけなんですよ。そりゃあね、 まったく面倒をみるだけの値打ちはある家でさね。立派な家ですよ。トマスのほうは貧乏で、家も見かけはちっとばかきれいじゃあるけんど、 天気のいい日に雨漏りしないならそれで結構というくらいですからね。だけど、わたしゃトマスを愛してたし、ウイリアム・ オビディアなんぞ爪のかけらほども思っちゃいなかったですよ。それで自分に言い聞かせてみたです。『セイラ・クローよ』と、 わたしゃ言っただーー最初の苗字はクローってんです。『好きなら金持ちのほうの男と結婚してもいいが、しあわせにゃなれないぞ。 この世じゃ人はぽっちりばか愛情がなけりゃ共にやってけるもんじゃない。お前はトマスと縁組したほうがいい、トマスはお前を愛してるし、 お前もトマスを愛しているしするから、ほかのものはみなお前にゃだめだ』とね。そこでわたしゃトマスにお前さんにするって言ったですよ。 支度をしてる間じゅう、わたしゃウイルアム・オベイディアの家の前を一度だって馬車で通らなかったです。 ウイリアムの立派な家を見てまた気がぐらつき出したら困ると思ったんでね。だけんど、今じゃ全然そんなこたおもってもみないし、 トマスのとこで気楽にしあわせにくらしてますよ。」

widder  =widow  n. [通例複合語をなして] … やもめ
mind you  〔話〕 ((挿入句)) いいか君, こうなんだよ
jog along  ゆっくり走る、のろのろ進む
mare  n.  (完全に成長した馬・ロバなどの)雌; (特に)雌馬
      《★ 【関連】 雄馬は horse,雌馬は mare,種馬は stallion,去勢した雄馬は gelding; 4 歳までの子馬は,雄が colt で雌が filly; 1 歳未満の子馬は foal; 高さ 1.5 メートルぐらいの小型の馬は pony; ヒヒーンといななくのは neigh,うれしそうにヒンヒンいうのは whinny,日本語の「パカパカ」に当たるのは clip‐clop》.

about all   せいぜい〜が関の山
pictureaskew  (正しくはpicturesque )  絵のような,画趣に富む
not care a red cent  少しもかまわない
argue out   論じ尽くす



気持の良い9月ももうすぐぴかぴか(新しい)
祝日も2日もあるので、JTBのスタッフのけんさくんで 旅館情報を探して近場の旅行計画を立てみるっていうのも楽しいですね?


posted by チョコとコーヒー at 21:39 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

29.Diana's Wedding

いよいよダイアナの結婚式。嬉しいような。。ちょっと悲しいような。。

"Here comes the minister, Diana."   「牧師さんが来なすったわよ、ダイアナ」

"Oh, Anne," gasped Diana, suddenly turning very pale and beginning to tremble. "Oh, Anne -- I'm so nervous -- I can't go through with it -- Anne, I know I'm going to faint."  「おお、アン」ダイアナは急に真っ青になり、震え始めた。「おお、アンーーあたし、 とても怖くてーー切り抜けられそうもないわーーアン、きっと、あたし気絶しちまうわ」

"If you do I'll drag you down to the rainwater hogshed and drop you in," said Anne unsympathetically. "Cheer up, dearest. Getting married can't be so very terrible when so many people survive the ceremony. See how cool and composed I am, and take courage." 「気絶なんかしたら、 天水桶のところへ引きずりおろして突っ込んでしまうわよ」アンは情け容赦なく嚇かした。「元気を出すのよ、ダイアナ。 結婚するってそんなに恐ろしいものじゃないわよ、あんなにたくさんの人たちが式をすませて生きているんですもの。 あたしがどんなに冷静でおちついてるかごらんなさい。そして勇気を出すのよ」

"Wait till your turn comes, Miss Anne. Oh, Anne, I hear father coming upstairs. Give me my bouquet. Is my veil right? Am I very pale?"  「あんたの番になってごらんなさい、ミス・アン、 父さんが二階へ上がってくるわ。あたしに花束をちょうだい。ヴェールはちゃんとなってて?あたし、真っ青な顔をしている?」

"You look just lovely. Di, darling, kiss me good-bye for the last time. Diana Barry will never kiss me again."  「とってもきれいなだけよ。いとしいダイ、最後にお別れのキッスをしてちょうだい。ダイアナ・ バーリーにキッスしてもらうことは二度とないんですもの」

"Diana Wright will, though. 「その代わり、ダイアナ・ ライトがいるわよ」
 
      gasp  vt.  +引用〈…と〉あえぎながら言う
             Ex.  “Help! Help!" he gasped. 「助けて! 助けてくれ!」と彼はあえぎながら言った.
       drag down    〈…を〉引きずり下ろす
       hogshed  n.  大だる 《地域・用途により容量が異なるが通例 63‐140 ガロン入り》.
       compose  adj.  落ち着いた,沈着な
                            Ex.  a composed expression 落ち着きはらった顔つき



秋の旅行は、JTBスタッフさんに聞いてみよう



posted by チョコとコーヒー at 21:01 | TrackBack(0) | アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

28.A June Evening(六月のたそがれ)

デイビーが、アトッサ夫人の葬儀についてアンに話しています。

I wish old Aunt Atossa's funeral was tomorrow instead of today. I wanted to go to it 'cause Milty said his mother said Aunt Atossa would be sure to rise up in her coffin and say sarcastic things to the folks that come to see her buried. But Marilla said she didn't."   「アトッサおばあちゃんのお葬式が今日じゃなくて明日だったらよかったのになあ。だって、 ミルティのお母さんがアトッサおばさんはきっとお棺の中で起き上がって、 小母さんが埋められるのを見に来た人たちに厭味を言うに違いないって言ったって、ミルティが言うもんで、ぼく行ってみたかったんだよ。 だけど、起き上がったりしないって、うちのおばちゃんが言ったの」 

"Poor Atossa laid in her coffin peaceful enough," said Mrs. Lynde solemnly. "I never saw her look so pleasant before, that's what. Well, there weren't many tears shed over her, poor old soul. The Elisha Wrights are thankful to be rid of her, and I can't say I blame them a mite." 「かわいそうに、 アトッサもお棺の中では安らかに横たわっていましたよ」と、リンド夫人は厳粛な態度で言った。 「あの人があんないい顔をしているのを今まで見たことがなかったね、かわいそうな人ですよ。エリシャ・ ライトのとこではあの人がいなくなってやれやれと思っているけど、わたしにしても、あの家の衆をこれっぽっちもわるくは言えませんね」

"It seems to me a most dreadful thing to go out of the world and not leave one person behind you who is sorry you are gone," said Anne, shuddering.  「この世を去るのに、 別れを惜しんでくれる人が一人もあとにいないなんて、恐ろしい事だと思うわ」と、アンは身震いした。

   bury  vt.  葬る、埋葬する Ex. be dead and buried  地下に眠る

   mite  n.  少量、ちょっぴり

        Ex. He is a mite taller than I am.  彼は私よりちょっぴり背が高い。

   shudder  vi.  震える

        Ex. He shuddered with horror.   彼は恐怖で震えた。



気持の良い9月ももうすぐぴかぴか(新しい)
祝日も2日もあるので、JTBのスタッフのけんさくんで 旅館情報を探して近場の旅行計画を立てみるっていうのも楽しいですね?
posted by チョコとコーヒー at 15:59| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする