2008年08月18日

22.Spring and Anne Return to Green Gables(アン、グリン・ゲイブルスへ帰る)

"Anne Shirley!" exclaimed Marilla. For once in her life she was surprised out of her reserve; she caught her girl in her arms and crushed her and her flowers against her heart, kissing the bright hair and sweet face warmly. "I never looked for you till tomorrow night. How did you get from Carmody?"  「アン・シャーリー!」マリラは絶叫した。驚きのあまり、 マリラは生まれて初めて自制を失い、わが娘をひきよせ、花もろとも胸に抱き締めて、つややかな髪や愛らしい顔に心を込めて接吻した。 「明日まで帰るとはとても思っていなかったよ。カーモディからどんなふうにしてきたのかい?」
"Walked, dearest of Marillas. Haven't I done it a score of times in the Queen's days? The mailman is to bring my trunk tomorrow; I just got homesick all at once, and came a day earlier. And oh! I've had such a lovely walk in the May twilight; I stopped by the barrens and picked these Mayflowers; I came through Violet-Vale; it's just a big bowlful of violets now -- the dear, sky-tinted things. Smell them, Marilla -- drink them in."  「歩いてきたのよ、いとしいマリラ。クイーンへ行ってる頃、 何度もしてきたでしょう?郵便屋さんが明日、あたしのトランクを運んで来てくれるの。あたし、急にたまらなく家が恋しくなってしまったので、 一日早く帰ってきたの。ああ!五月の夕暮の中をなんともいえなく美しい散歩をしてきたのよ。痩せ地で道草してこのさんざしを摘んだの。 『すみれの谷』をとおってきたけれど、まるですみればかりの大きな鉢のようよーーかわいらしい、空色のすみれ。匂いをかいでごらんなさいな、 マリラーー吸い込んでごらんなさいな」

      reserve  n.  (性格・言行などの)遠慮,慎み,よそよそしさ,沈黙,無口
       out of  前置詞 〜から離れて、〜を脱して、〜がなくて、 〜を失って
            Ex. 失職(失業)して
    dearest  n.  親愛なる人,いとしい人; あなた, おまえ.
      score n. 多数
      all at once  突然に, たちまち
                            Ex. All at once, a shark appeared. 突然サメが現われた
      barrens  [通例複数形で] 北米の不毛の(砂)地, 荒野     
      mayflower 
n.  5 月に花の咲く草木; (特に) 《英》 サンザシ
      bowlful  n.  ボールいっぱい
      tinted  adj.  色合いをつけた, 薄く色をつけた; (髪を)ほのかに染めた
       drink in   phr v.  聞きほれる, 熱心に聴く;〈光景などに〉見とれる, 嘆賞する
                         Ex.. drink in a beautiful view  美しい景色に見とれる



FOXJAPANONLINE

posted by チョコとコーヒー at 21:39| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

21.Roses of Yesterday(昨日のばら)

ボーリングブロークに滞在中、アンが生まれた黄色の家を訪ねます。

"Will you let me go all over the house?" asked Anne eagerly.  「家じゅう見せてくださいませんか?」 アンは熱心に頼んだ。

"Laws, yes, you can if you like. 'Twon't take you long -- there ain't much of it. I keep at my man to build a new kitchen, but he ain't one of your hustlers. The parlor's in there and there's two rooms upstairs. Just prowl about yourselves. I've got to see to the baby. The east room was the one you were born in. I remember your ma saying she loved to see the sunrise; and I mind hearing that you was born just as the sun was rising and its light on your face was the first thing your ma saw."  「ええ、いいともね、よかったら見てくださいよ。手間どりゃしませんーーたいして見るとこもないんだから、 うちの人にあたらしく台所を作ってくれ、作ってくれってせがんでるんだけど、うちの人はやり手じゃないもんでね。客間はそこだし、 二階に二間ありますよ。あんた方、ぶらついてください。わたしゃ、あかんぼの守をしてなきゃなんないからね。 東側の部屋があんたの生まれなすったところですよ。あんたのおっかさんが日の出を見るのが大好きだと言ったのを憶えてるし、 あんたが生まれた時ちょうど日が昇ったんで、 おっかさんの目にまっさきにうつったのがあんたの顔にあたった日の光だと聞いたのもおぼえてますよ」

   eagerly  adj.  熱心に、しきりに、切に

   hustler  n.  活動家、敏腕家、やり手

          Ex. He's a real hustler.  彼はまったくやり手だ。

   prowl  vi.  徘徊する、ぶらぶら歩く、うろつく

       Ex. Homeless dogs prowled about in the streets.  野犬が町をうろついていた。



「英文法」が分かるとこんな感じになります!

posted by チョコとコーヒー at 18:05| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

20.Gilbert Speaks(ギルバート口を開く)

"Never mind Phil and the violets just now, Anne," said Gilbert quietly, taking her hand in a clasp from which she could not free it. "There is something I want to say to you."  「今はフィルもすみれもどうでもいい、アン」ギルバートは静かにこう言うと、アンの手を取り、にぎりしめた。 アンはそれから逃れることができなかった。「ぼくは君に話しがある」

"Oh, don't say it," cried Anne, pleadingly. "Don't -- PLEASE, Gilbert." 「おお、言わないでちょうだい」アンは懇願した。「言わないでーーお願いだから、ギルバート」

"I must. Things can't go on like this any longer. Anne, I love you. You know I do. I -- I can't tell you how much. Will you promise me that some day you'll be my wife?"  「言わなくてはならない。これ以上、今の状態を続ける事はできない。アン、ぼくは君を愛している。君にはそれはわかっているのだ。 ぼくはーーぼくはどれほど、君を愛しているか言う事はできない。将来、ぼくの妻になると約束してくれますか?」

"I -- I can't," said Anne miserably. "Oh, Gilbert -- you -- you've spoiled everything." 「あたしーーあたし、できないわ」 アンはみじめな声で言った。「おお、ギルバートーーあんたはーーあんたはなにもかも台無しにしてしまったわ」

"Don't you care for me at all?" Gilbert asked after a very dreadful pause, during which Anne had not dared to look up. 「君は全然ぼくに好意を持っていてくれないの? 」おそろしい沈黙のあとでギルバートはこうたずねた。そのあいだじゅうアンは顔を上げる勇気がなかった。

      clasp  n.  握り、握りしめ、 握手 Ex. I gave his hand a warm clasp.

                           私は彼の手を(気持を込めて)固く握りしめた

   pleadingly  adv.  懇願するように、訴えるように

   dare〜  vt.  あえて〜する。思い切って〜する。

      Ex. Do you dare to ask her ? 思い切って彼女に尋ねることができますか?

 

posted by チョコとコーヒー at 12:18| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

19.An Interlude(幕あい)

"To think that this is my twentieth birthday, and that I've left my teens behind me forever," said Anne, who was curled up on the hearth-rug with Rusty in her lap, to Aunt Jamesina who was reading in her pet chair. They were alone in the living room. Stella and Priscilla had gone to a committee meeting and Phil was upstairs adorning herself for a party. 「考えてもごらんなさい、今日があたしのはたちのお誕生日で、 十代を永久に過去のものとしてしまったんですものね」と、ラスティを膝に、炉の前の敷物に丸くなって座ったアンが、 お気に入りの椅子で本を読んでいるジェムシーナ伯母さんに向かって言った。居間には二人だけだった。 ステラとプリシラは委員会に行っていたし、フィルはパーティへ出席するために二階で身支度をしていた。

"I suppose you feel kind of, sorry" said Aunt Jamesina. "The teens are such a nice part of life. I'm glad I've never gone out of them myself."  「悲しいような気持がしなさるでしょう。 十代は一生の中でまったく素晴らしい時代ですからね。わたしはいつになっても十代を越さないのを喜んでいますよ」

Anne laughed."You never will, Aunty. You'll be eighteen when you should be a hundred.  アンは笑った。 「伯母さんはいつまでも越さないでしょうよ。百になっても十八でいらっしゃるわ。」

   curl (+up)  vi.  丸くなって寝る、 ちぢこまる

           Ex. I like to curl up with a book.  わたしは寝転んで丸くなって本を読むのが好きだ。

   hearth  n.  炉床、炉辺

   pet  adj.  得意の、おはこの、お気に入りの

   adorn  vt.  飾る Ex. She adorned herself with several strings of pearls.

                                   彼女はいく連もの真珠で身を飾り立てた。





posted by チョコとコーヒー at 12:22| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

18.Miss Josepine Remembers the Anne-girl

Anne had left a thin, typewritten communication till the last, thinking it unimportant. When she had read it she sat very still, with tears in her eyes.  アンはうすい、タイプで打った通知を重要なものではないと考えたので、 一番あとに残しておいた。それを読み終わったアンは目に涙をうかべたまま、しずかにじっとすわっていた。

"What is the matter, Anne?" asked Marilla.   「どうかしたのかい、アン?」と、マリラがたずねた。

"Miss Josephine Barry is dead," said Anne, in a low tone.  「ミス・ジョセフィン・ バーリーが亡くなったの」と、アンは低い声で答えた。

"So she has gone at last," said Marilla. "Well, she has been sick for over a year, and the Barrys have been expecting to hear of her death any time. It is well she is at rest for she has suffered dreadfully, Anne. She was always kind to you." 「それじゃあ、とうとう死んだかね。そう、 あの人も一年以上悪くしていたから、バーリーさんとこじゃ、死んだという通知が今来るか、今来るかと待っていたんだよ。 目をつぶんなすったのは結構なことだ、おそらく苦しんでいたんだからね、アン。あの人はいつもあんたに親切にしてくだすったよ」

"She has been kind to the last, Marilla. This letter is from her lawyer. She has left me a thousand dollars in her will."  「最後まで親切にしてくだすったのよ、マリラ。この手紙はミス・バーリーの弁護士からなの。 遺言で千ドルあたしに残してくださったのよ」

"Gracious, ain't that an awful lot of money," exclaimed Davy. "She's the woman you and Diana lit on when you jumped into the spare room bed, ain't she? Diana told me that story. Is that why she left you so much?"   「すごいな、大変なお金じゃないか」と、デイビーが絶叫した。  「そのおばあちゃんはお姉ちゃんとダイアナ姉ちゃんが客用寝室のベッドに飛びのった時にでっくわした人だろう? ダイアナ姉ちゃんがその話を聞かしてくれたよ。それだから、そのおばあちゃんはそんなにどっさり姉ちゃんにくれたの?」

"Hush, Davy," said Anne gently.  「しずかに、デイビー」アンはやさしくたしなめた。
 
       communication  n.  (伝えられる)情報; 通信文,書信,手紙, 伝言
                                  Ex. receive [send] a communication 情報を受ける[送る].
        tone  n.  口調,語調,語気,論調
                      Ex. in a frightened tone 驚いた語調で
        at rest   (地下に)眠って、永眠して
        gracious  間投詞  驚きを表わして] おや!, まあ!, これは大変!, しまった!
                      Ex. Gracious, No! いいえ, とんでもない
       lit  vi.  急に降ってくる, (急に)ふりかかる ((on, upon)) 
    a spare room   予備の客用寝室
        hush  間投詞  しっ!, 静かに!



online英語学習
中学英語の復習から旅行・ビジネスシーンで役立つ実用フレーズまで



ハンズネットがお送りするアウトレットコーナー。キッチン用品や家具などお得な商品をご用意しております。

福岡アフィリエイトFesta2008

posted by チョコとコーヒー at 22:31| アンの愛情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。