2014年09月15日

星占いで英語学習

前回の”星占いで英語学習”の3回目

今日は使えそうですが、英語で言うのは難しいなっていう文章がありましたので、その表現を学びたいと思います。

イギリスの占い師 Jonathan Cainer の占いは詩的で、英語を勉強している人には非常に勉強になります。

私のように、占い結果だけじゃなく英語も勉強したいという方は、
ジョナサンケイナーの実際のサイト”Your zodiac forecast from Jonathan Cainer” で英語の占い、Yahooの占いコーナー”ジョナサンケイナ―今日の予言”で、日本語訳された彼の占いを参照し、英語と日本語を見比べながら勉強出来ます。日本語訳はどなたがされているか知りませんが、非常に上手に訳されていて大変勉強になります。

今日のふたご座の占い(一部抜粋)

1. Before we know it, we dare not make a move without wondering if we have their approval.

  Before we know it   思わず、無意識に、いつの間にか

  dare not                    (あえて)〜しない

  (和訳)
 ”意識しないうちに、同意は得られるかと考えることなく行動を起こそうとしない”
 →知らず知らずに、行動する前に誰かに賛成してもらえるかと考えてしまう。”


2. But what if, in trying to keep things sweet, we end up souring things for ourselves?

  keep 〜 sweet  (見返りを求めて)優しくする、ご機嫌を取る

     end up 〜ing       結局は〜する羽目になる

     sour  不機嫌にさせる、悪化させる

  (和訳)
  
  でも、もし気に入られようとする事で、自分自身が苦しくなるとしたらどうでしょう?

3. We have to ask if we might do better just to stand tall and proud.

  do better  良くなる。向上する

  stand tall  堂々と振る舞う、断固とした態度を取る

  (和訳)

  堂々と誇り高く振る舞った方が、良くなる(幸せになる)のではないかと、自問する必要があります。


んんん、確かに顔色ばかりを伺っているより、自分に正直に自然にふるまった方が
自分自身精神的に良いですよね。




posted by チョコとコーヒー at 15:49| 星占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

花子とアンの共通点

NHKで放送されている”花子とアン”を見ていて、村岡花子と”赤毛のアン”のアンにとっても大きな共通点があるのに気付きます。

それは、実際は村岡 花なのに、”花子と呼んでくりょっ”という彼女らしいお願いです。

赤毛のアンも、自分がどう呼ばれるかがアンにとって、何にもまして重要なのが、下記の懇願で良くわかります。

What's your name?"

The child hesitated for a moment.

"Will you please call me Cordelia?" she said eagerly.

"Call you Cordelia? Is that your name?"

"No-o-o, it's not exactly my name, but I would love to be called Cordelia. It's such a perfectly elegant name."

"I don't know what on earth you mean. If Cordelia isn't your name, what is?"

"Anne Shirley," reluctantly faltered forth the owner of that name, "but, oh, please do call me Cordelia. It can't matter much to you what you call me if I'm only going to be here a little while, can it? And Anne is such an unromantic name."

"Unromantic fiddlesticks!" said the unsympathetic Marilla. "Anne is a real good plain sensible name. You've no need to be ashamed of it."

"Oh, I'm not ashamed of it," explained Anne, "only I like Cordelia better. I've always imagined that my name was Cordelia--at least, I always have of late years. When I was young I used to imagine it was Geraldine, but I like Cordelia better now. 



reluctantly            しぶしぶ

falter    vi.             口ごもる   falter forth  口ごもりながら言うという意味

 reluctantly faltered forth the owner of that name

 その名の持ち主はしぶしぶ答えた。

 falter が自動詞なので、the owner of that nameが倒置になっていると思われます。

It...what〜     実質的な主語はwhat〜以下の節

not matter       問題はない
what you call me   あなたがなんと呼ぶか

unromantic           空想的でない、やぼったい

fiddlesticks            ばかな、くだらない

unsympathetic      情け容赦ない、思いやりのない

plain                     飾り気のない、わかりやすい


sensible                分別のある、実用的な

of late years         近頃、ここ数年


アンが"ann"というunrealistic, plain and sensible な”ann"という名前ではなく、elegantな”Corderia"という名前で呼ばれることにこだわった印象的な場面でした。


posted by チョコとコーヒー at 00:27| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする