2014年06月29日

花子とアン

NHKで現在放送されている”花子とアン”。赤毛のアンの翻訳者の村岡花子さんを主人公にしたドラマですが、私は、ドラマを見るまで彼女がどんな人なのかまったく知りませんでした。今のところ”赤毛のアン”を翻訳するところまで至っていませんが、花子さんとアンの共通点と見つけました。

名前にイメージを膨らませている。

花子さんの口癖に、実際は花という名前なのに、”花子と読んで下さい。”って言っているシーンを見かけますよね。
赤毛のアンにも、アンが名前にこだわる場面があります。

アンがマリラに自分の事をだけど、コーデリアと呼んでとお願いします。するとマリラが、

"I don't know what on earth you mean. If Cordelia isn't
your name, what is?"  
何を言っているのか、さっぱりわからないね。
コーデリアといのでないなら、(本当は)何という名前なの?

 


"Anne Shirley," reluctantly faltered forth the owner of that name,
"but, oh, please do call me Cordelia.  
”アン・シャーリー”
とその名の持ち主はしぶしぶ答えた。でもねえ、どうかコーデリアと呼んでくださいな。  

   falter   
vi.    口ごもる   falter forth 
口ごもりながら言うという意味


It can't matter much to
you what you
call me
if I'm only going to be here a little while, can
it?   
ここにちょっとしかいないんですもの、かまわないでしょう? 

  It...what〜     実質的な主語はwhat〜以下の節

  not matter       問題はない

  what you call me   あなたがなんと呼ぶか


But if you call me Anne please call me Anne spelled
with an E."   
アンという名を呼ぶんでしたら、eのついたつづりのアンで呼んでください。

 

"What difference does it make how it's spelled?" asked
Marilla with another rusty
smile.  
字なんかどんなふうに、つづったって、たいしたちがいはないじゃないの?
さびついたような微笑がふたたびマリラの顔へ出てきた。

   rusty  a.   〈人が〉〔能力などに関して〕
(使用しないため)鈍く[下手に]なって  ex.  I'm a bit rusty at French.
フランス語が少々下手になった.

 

"Oh, it makes such a difference. It
looks so much nicer. When you hear a name pronounced
can't you always see it in your mind, just as if it was printed
out? I can; and A-n-n looks dreadful, but A-n-n-e looks so much more
distinguished.   
あら、大きな違いだわ。
そのほうがずっとすてきに見えるのですもの。名前を聞くと、すぐ目の前に、まるで印刷されたみたいに、その名前が浮かんでこないこと?
わたしはそうだわ。だからannはひどく感じが悪いけれど、anneのほうはずっと上品に見えるわ。

      dreadful 
a.        
《口語》 つまらない,おもしろくない,実にひどい.    ex. a dreadful bore
ひどく退屈な人.

      
disttinguished  a.  〈態度など〉気品のある,
上品な.

 

If you'll only call me Anne spelled with an E I shall try
to reconcile my
self to not being
called Cordelia."
   小母さんが、
おわりにeのついたアンと呼んでくださるなら、コーデリアと呼ばれなくても、がまんするわ。

    
reconcile
     [〜 oneself で] 〔…に〕
甘んじる,黙って従う,
(しかたなく)満足する      ex.  He found
it hard to reconcile himself to this disagreeable state.
彼はこの不愉快な状態に甘んじていくことが困難だと知った.


タグ:赤毛のアン
posted by チョコとコーヒー at 16:11| 赤毛のアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

星占いで英語学習2

前回の”星占いで英語学習”の2回目

今日は嬉しい占い結果だったので、その表現を学びたいと思います。

イギリスの占い師 Jonathan Cainer の占いは詩的で、英語を勉強している人には非常に勉強になります。

私のように、占い結果だけじゃなく英語も勉強したいという方は、
ジョナサンケイナーの実際のサイト”Your zodiac forecast from Jonathan Cainer” で英語の占い、Yahooの占いコーナー”ジョナサンケイナ―今日の予言”で、日本語訳された彼の占いを参照し、英語と日本語を見比べながら勉強出来ます。日本語訳はどなたがされているか知りませんが、非常に上手に訳されていて大変勉強になります。

今日のふたご座の占い(一部抜粋)

You will find your intuition is in fine form this Solstice week, and serendipity is on your side.

intuition・・・・・ 直感
 Ex. women's intuition 女の勘
fine・・・・・・・・感覚などが鋭い
(summer)Solstice・・夏至
serendipity・・・・ 偶然に大発見(発明)をする興奮;その才能
be on one's side・・〜の味方である。
Ex. I felt luck was on my side.
ついていると私は感じた。
       
(和訳)
夏 至を迎える今週、あなたの勘が研(と)ぎ澄まされるでしょう。そしてセレン ディピティ(偶然に巡り合ったすばらしい幸運)もあなたの味方です。

最後に、”serendipity”と言う単語の感じがピンとこない方は、2001年アメリカのラブコメディイで同名の映画がありますので、YouTubeのトレイラーを載せておきますね。



posted by チョコとコーヒー at 21:36| 星占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする